よりを戻したい男性が、ヒモ男から学ぶべきこと

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

ヒモ人間の愛され方

衝撃的なタイトルでしょうか?

女性には反感を買いますかね^^;

しかし、そこそこ良い話だと思いますので、

その辺については、お読み頂いてからぜひご判断いただければと思います。

ご存知のように、ヒモというと、とても悪いイメージがありますよね。

働きもせずに、女性からお金をせびっているというような。

そしてそのお金で博打に精を出したり、ほかのキープ女性を捕まえたり、と。

確かに、一部の悪いヒモ(そもそもヒモの人口が一部でしょうが^^;)は、

そういった悪さをするかもしれませんね。

しかし、大半のヒモはそこまでのパワーはありません。

そもそも、パワーがないからヒモになっているわけですから。

そしてそのパワーのなさというのが、

一般的にはダメさを意味しているように思われます。

ところが、このダメさこそが、ヒモの良さであり、男性陣が学ぶべきところです。

ヒモには、一般男性には欠けている能力がある

ヒモというのは、稼ぐ力がありませんから、養ってもらいます。

ですから、養ってもらうための術を持っているのです。

  • 家事全般を進んでやる。
  • マッサージなどを進んでして、女性を癒す。
  • 相談にも積極的に乗る。
  • 優しい。

これらの4つの、一般的な男性には欠けている能力を、ヒモは持ち合わせています。

女性側は、稼ぐ代わりに、男性から

これらの癒しを享受することで成り立っているわけです。

「そうはいっても、お金のためでしょ?」と思われるかもしれません。

しかし、お金のためであろうが、やらない人間より、やる方が良い人です。

男性としては、収入をもたらしてくれる女性はまさに聖母ですから、

大切に扱って当然ともいえますが、私が言いたいのは結局はこの部分です。

ヒモであろうとなかろうと、大切なのは女性を聖母のように敬う心です。

ヒモの場合、生活の必要性もかかっていますから、

女性を聖母のように扱う習性が備わっています。

しかし、大半の男性がこれを持っていません。

なぜなら、そこにはたくさんの傲り高ぶる気持ちがあるからです。

男性はとにかく利害を計算する

ケチな男性

男性はだいたいがケチです。

実際に奢っていようとも、割り勘だろうと、どちらにせよケチです。

ホストクラブで女性が貢ぐというケースはありますが、

男性にはホストクラブのようなものはないですよね。

我を忘れるほど、あるいは「この人なら捧げても良い」と思って、

お金を手放したりはしないということです。

これぐらいの予算で、これぐらいの対価がほしい、

というような強いコスパ精神を持っています。

ケチですから、もし奢ったりすれば、そこで欲求不満が出て、

その対価を得ようとするのです。

たとえば、女性に優しくしてもらって当然と思ったり、

家事をやるのは女だ、という気持ちが出るということです。

その対価が得られなければ、腹いせに暴言を言ったりしてしまうわけです。

金を出しているのだから、これぐらいはしてくれて当然。

相談にのってやっているのだから、これぐらいの見返りを求めたい。

など、つねにギブ&テイクの精神が付いてきます。

この考え方はビジネスでは正しいのかもしれませんが、

恋愛はビジネスではないのです。

もちろん、女性にもこういった意識はあるでしょうが、男性はより顕著だと思います。

このような傲り高ぶる気持ちがあれば、いずれ捨てられてしまいます。

これは必然的だと言えるでしょう。

傲慢さが復縁を阻害しています

ではどうすれば良いのか、です。

まず、奢っていることを自慢にしている人は、その奢っていることで、

相手に対して優位に立とうという気持ちを内に秘めていることに気づきましょう。

奢っているのは、優しさからかもしれませんが、

奢ることで、彼女を満足させるとともに、自分の格好よさをアピールしているのです。

この格好よさアピールというのが、非常にダサいです。

また「奢らなければ格好悪いのではないか」と思ってしまう心。

これもダサいです。

結局は、女性の心をお金で買おうとしている証拠です。

自分のハートでは勝負ができないので、お金に任せているということです。

もちろん、すべての奢る行為がこうだとは言いませんが、

思い当たる方はいると思います。

これと似ているのが「俺は仕事を頑張っている」アピールです。

忙しさをアピールしたり、苦労や努力を語るタイプ。

これも面倒ですね。

傲り高ぶりたい気持ちが見え隠れてしています。

さらにこれと似た行動として「俺は世間を知っている」アピールですね。

社会情勢について語ったり、難しい経済の話をしたりするタイプです。

これも、ケースバイケースですが、時と場合を見極めましょう。

いずれにせよ、ダメなのは上から目線

結局、何がいけないのかと言えば“上から目線”なんですよね。

  • お前を養ってやる
  • お前を救ってやる
  • お前を守れるのは俺だけだ
  • お前を幸せにしてやる

これって、一見、力強く女性を引っ張って行きそうな、

そういう良いイメージもありますよね。

しかし、こういうアプローチは大概失敗します。

こういうアプローチを本当に取れる人は、

失恋しても振り返ったりしないタイプです。

我々のように、後悔したり、振り返ったりするタイプは、

こういうオラオラ系の恋愛スタイルは向いていないのです(笑)

また、尽くす男性もいますよね。

この尽くす、というのもうまくいきません。

それは下記でも触れましたが、

尽くすタイプはなぜ振られやすいのか?

尽くすタイプは、尽くしている代わりに見返りを求めるわけです。

そして、その見返りを求める時に、謙虚さのない求め方をするわけです。

これだけしてやっているのだから、これぐらいはしろよ、というように。

このようなアプローチは、尽くしている以上は求めたいところではありますが、

感情的に言って、女性からみれば不愉快になってしまうわけです。

女性を敬う気持ち、聖母のように慕う気持ち

ではどういう恋愛スタイルならうまくいくのか?

まず大事になってくるのは、先ほども申しましたが、

聖母のように女性を敬うという気持ちですよね。

で、聖母のように敬うからには、

お金を貢いだり、あれこれとしてあげる必要があるのかと思いますが、

実は重要なのはそこではないのです。

そもそも、自分が相手に「何かをしてあげられる」と思うのがすでに傲慢なのです。

あなたが彼女に役立っているということ以上に、

彼女から、幸せをもらっていることに気づくべきです。

まず始めたいのは、相手に感謝するということですね。

下記でも述べましたが、

復縁体質になるための上手な「ありがとう」の伝え方

「ありがとう」は魔法のような言葉です。

「ありがとう」をアピールしろ、と言うと、私なんかは、

どうしても宗教的なイメージがしてしまうのですが、

それでもあえてありがとうの重要性は伝えるべきだと考えています。

まずは「ありがとう」という言葉。そして行動ですよね。

ヒモの方の偉いところは、やはり

感謝の行為として、家事などに精を出すところです。

義務感や、責任感などではないのです。

もちろん「捨てられないために」というのはあるかもしれませんが、

自分の立ち位置を知り、本人なりの謙虚さで、感謝を表すのです。

もちろん、何もしないヒモもいると思いますが、

そんなヒモでも、自分の置かれている立場を知り、

彼なりの感謝の気持ちを表すはずです。

何も、家事をすれば良い、マッサージをすれば良い、

彼女の話をきけば良い、という話ではないのです。

すべては感謝を源泉として溢れ出てきた行動、結果だということです。

傲り高ぶった行動や、言葉で、女性を威嚇しても、幸せは帰ってきません。

それは天に向かってつばを吐きかけるような行為です。

女性を下に、低くみているからそうなるのです。

女性は何もできない、庇護してあげなければならない、という考えが傲慢なのです。

男性は弱く、女性は強いですよ

女性は強い

老夫婦は、奥さんが亡くなると、旦那さんは後を追うように亡くなりますが、

先に旦那さんが亡くなると、奥さんは長生きするそうです(笑)

私たち男性は、女性を支えているつもりで、女性に支えられているのです。

女性から学び、女性から助けてもらっているのです。

もし「いや、そんなことはない」と思う男性がいるとしたら、

あなたはもう少し、甘えてみるべきです。

女性に対する先入観を捨てましょう。

プライドを捨てて、もっと正面から女性に甘えるべきです。

奢ってもらったり、悩みを打ち明けてみたり、愚痴を言ってみたり、

そのようにして、女性の反応を伺ってみるのです。

その反応で、女性の偉大さが分かると思います。

復縁についても、同じことです。

自分はこんなことができる、自分は稼いでいる、自分は頑張っている。

このような思い込みから脱し、彼女の偉大さを思い出すことです。

そのように思えない限り、復縁は難しいと言えるでしょう。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク