冷却期間を設けなくて良い場合の見分け方

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

冷却期間を儲けなくて良い場合

冷却期間というのは、必ず設けるべきなのでしょうか。

私の考えですが、基本的に復縁を願うのであれば、

冷却期間はしっかり設けたほうがいいです。

あなた自身も冷静さを欠いていますし、

相手もあなたにうんざりしてしまっている場合があります。

しかし、必ずしも冷却期間を置かなければならないわけではありません。

例外もありえます。

今回はそのケースについて書いていきたいと思います。

冷却期間を設けるべきか、否か

こんにちは、復縁アドバイザーのやまとです。

冷却期間というものは、復縁のキーワードの一つですよね。

冷却期間の間に、あなたと相手の関係を少しずつ整理していく。

相手は「復縁を求めてくるのではないか」と警戒していますから、

その警戒を解いてもらいつつ、

あなたの方でも自己改革に取り組む準備を進めていきます。

距離を置くことで、やはりあなたを必要としていた、

と気づいてもらえればなお良しですし、

そこまではいかなくても、

あなたへの悪い感情を少しでも忘れてもらいたいところです。

基本的に、思い出は美化されますから、

あなたへの悪評もいくらかは和らいでいきます。

その和らいだタイミングをみて、冷却期間を終わらせるのがベターです。

ようやくあなたへの悪評を忘れかけていたところで声をかけたら

「やっぱり復縁を迫られるのでなかろうか」と再度、警戒されてしまいます。

復縁を迫られないという安心感をもたせて、

そこからじわじわとあなたの良さに再度気づいてもらう、

というのが一般的な復縁の流れです。

また、関係が悪化しているときは、

あなたの中にも相手に対する悪感情が少なからずありますから、

それについても冷却期間の間に上手に消化していくことで、

再開したときにより好印象を与えられる接し方ができるようになります。

怒りが別れへとミスリードする

一方で、復縁のための冷却期間を必要以上に設けない方が良い場合があります。

この違いをどう見分ければ良いでしょうか。

実は見分け方があります。

復縁期間を設けない方が良いのは、相手が強い怒りを持っているような状況です。

逆に、相手が呆れている、諦めている、淡々としているというような

冷めてしまっているときは危険ですので、冷却期間を設けましょう。

なぜ怒っている場合には、復縁期間が短いうちにアプローチすると良いのでしょうか。

怒りは一般的に一過性のものです。

冷静さを欠いた判断ですから、

その場の勢いで、そんなつもりではないのに

別れを宣言してしまった場合があります。

本当はもっと別の気持ちがあったのに、言いそびれてしまったり、

あなたの態度をみて面倒になってしまい思わず別れを選んだケースがあります。

一方で、相手が冷静な中で別れを宣言された場合は、

相手も十分に熟考し、本人の中で確固たる別れの意志を持って別れを決めております。

別れないで済む選択肢も頭に入れた上で、

別れしかないと決断したわけですから、

それを崩すのは容易ではないため、雪解けまで時間を置く必要があるのです。

また、冷却期間を設けることで、

交際相手の意志を尊重するという意味もあります。

相手には相手なりの悩み、苦しみの上で決死の判断をしたのだと思われます。

しばらくの間、相手に連絡をしないということで、

相手の意思を尊重するわけです。

意志を尊重することで、わずかでも相手はあなたを見直すと思います。

“意思を尊重する”というあなたの意向が相手に十分に伝わっていたら、

あなたへの見方は改善されるでしょうから、

冷却期間後に再度連絡した時、反応が改善している可能性は高くなるでしょう。

まとめ

ということで、相手が怒りに任せて別れを宣告してきたと

見受けられる場合には、早急に復縁のアプローチに取り掛かるべきです。

しかし、あなたは冷静でいてくださいね。怒っている状況だと、

相手も意固地になりますから、再度誤った展開になりかねません。

もしあなた自身が冷静でいられないようでしたら、

ある程度冷静になれるまでは冷却期間を置くべきでしょう。

また、復縁の際のアプローチには十分に気をつけてください。

怒っている相手に対して、

上から目線で攻めたら当然ながらさらに怒りを買います。

一方で、必要以上に下手に出ても、

へりくだっている態度が気に障ってしまう可能性が高いといえるでしょう。

冷静な相手にはこちらも冷静に対応すればいいですが、

怒っている相手は感情のバランスが悪くなっていますので、

何が逆鱗に触れるかわかりません。

歯切れのよい対応が求められます。

謝るべきところをしっかりと謝って、

どれだけ交際相手のことを大切に思っているか、

力強くこんこんと伝えていく態度が良いのではないかと思います。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク