会ってもらえる復縁メールの書き方

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

返信をもらえるメールの書き方

メールでどのようにして会うようにもっていくかというのは、

確かにメール術の肝だと思います。

“会う”につなげられなかったら意味がないですから、

何とかして会いたいですよね。

会えるメールの書き方とは一体どんなものでしょうか。

復縁メールを作るために

復縁メールというのは、

最終的に“会う”流れにもっていくことで意味をなします。

いくらメールのラリーを続けることができましても、

最終的に会ってもらえなかったら何の意味もありません。

そういったことについてはこちらにも詳しく書いております。

>>復縁メールの意味を考えてみましょう

メールはできる関係だけど、

会いたいというメールをどう送れば良いか分からない

というご相談もたまに頂きます。

会うためのメールの送り方は

復縁メールに関する記事でも何度か取り上げていますので、

こちらも合わせてご参照下さい。

>>返信がもらえる復縁メールの作り方

どこを具体的にし、どこを抽象的にしてメールをつくるべきか

それでは実際にどういったメールなら

会ってもらえる確率が上がるか見ていきましょう。

ここで三つの例文を作りました。

    1. 「どうしても会いたい。会って話したいことがある」

    2. 「無理にとは言わないけど、時間が合えば今度、一緒にご飯でも行かない?」

    3. 「久々にご飯でも行こうよ。今週か来週のうち都合のいい日はある? 土曜日はどうかな」

1のメールがダメなことは言わずもがなではないでしょうか。

重すぎますよね(笑)

では2はどうでしょうか。これは遠慮しすぎですね。

「無理にとは言わないけど」「時間があえば」という消極的な問いかけ。

優しさはありますが、このような消極さでは相手も

「そこまで求められていないな」と思ってしまいます。

「そこまで求められていないなら、断っちゃおうか」となるかもしれません。

また、「今度行こう」という場合の今度はいつまでも来ません。

立場としてはあなたの方が弱いわけですから、

もう少し踏み込んで日にちを提案しない限り、相手が乗ってくるわけありません

そこで3です。

3では、いつ行くのかを明確に提示しています。

しかも今週か、来週という非常に広い範囲、最大で14日間も選択肢があれば

「その日はちょっと都合が悪い」とも言えません。

仮に平日が無理だと言われても、土日が4日間もあります。

そして14日間を提示しつつ、相手が迷うことのないように、

とりあえず土曜日はどうかな、と提案しています。

ここでも一つ仕掛けがありまして、

今週の土曜なのか来週なのか明示していないんですね。

自動的に2日間という2択を提示できるわけです。

「◯日の土曜日はどう?」と具体的な日にちを指定しては、

「その日は無理」で断られます。

断られたからといって「じゃあ翌週の土曜日は? 」とさらに畳み掛けたら、

人によってはうっとおしく思われてしまいます。

それに対して、初めから2択を与えていたら、

2日とも用事があって断るというのは、

多少なりとも良心の呵責が生じます。

そのため、断りにくくなるのです。

ですから、

ここで「どっちの土曜日?」とでも質問をもらえれば、

これは勝ったも同然です。

どちらかときいてくるからには、

少なくともどちらかなら大丈夫だという証明になるからです。

「土曜日は無理」という返信でも大丈夫。

土曜日は無理ということなら日曜日は空いているという証明になります。

「なら日曜日ね!」で任務完了です。

ようは誘導尋問なのです。

14日間の提示にしても同じことです。

幅広い選択肢が用意されているから、断りにくいわけです。

ここで誘導尋問に引っかかって「今月は忙しい」などと断られたら

「じゃあ来月なら大丈夫だよね」とさらに14日間を提示してみましょう。

相手も閉口するかもしれませんが、断れません。

とりあえず、会うことがとにかく大事ですから。

会えてからのことはまた、

このサイトなどを参照し、戦略を練ればばいいんです。

とりあえずまずは会うために、上手に誘導していくことが肝要です。

ぜひこのテクニックをお試し下さい。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク