恋人に新しく好きな人、新恋人ができたら諦めるべきか?

スポンサーリンク




Pocket

新しい恋人ができたら諦めるべき?

冷却期間中に、元彼、元カノに新しく好きな人、恋人ができてしまったら、もう諦めるべきでしょうか?

というご連絡をいただきました。 ありがとうございます。

正直、これを怖れている方はかなり多いですね。

冷却期間を設けられない、冷却期間を設けるのが怖い、という方の多くは、この新恋人の予感を怖れていらっしゃいます。

  • 「冷却期間中に、相手に好きな人ができたらどうしよう」
  • 「それどころか冷却期間中に、新しい恋人ができてしまっていたらどうしよう」

そんな感じです。

冷却期間を置いた方が良さそう、、でもその間に相手に好きな人ができてしまったら?

そんなジレンマの解決法を今回は提示したいと思います。

新しい恋人ができた相手と、復縁は可能なのか?

こんにちは。

復縁アドバイザーのやまとです。

さて、冷却期間を置きたいが、相手に新しく好きな人、あるいは恋人ができてしまうのが怖い、というお悩みをいただきましたが、その解決法を示していきたいと思います。

結論から申し上げますと、新しく好きな人ができたり恋人ができたとしても、仮にできていないにしても、復縁の成功と失敗にはあまり関係ありません。

これは私の、これまでの復縁のお手伝いの経験上、そういう結果が出ております。

当サイトの記事の繰り返しになりますが、新恋人ができたから復縁できない、というようなケースよりも、圧倒的に、自分を変えることができずに復縁につなげられていない人が多いです。

恋人ができたとしても、あなたが変われば復縁はできます。

あなたが変わったら、相手はすぐにそれを感じ取ります。

話す物腰の柔らかさ、明るさ、人の気持ちを汲み取る心、そういうものは雰囲気に出ますから、「何で俺はこの子と別れちゃったんだろう?」と思わせることができたら、勝ちです。

新しい恋人と、なじみのあなたであれば、絶対にあなたの方が有利です。

「新しい相手とちょっと遊んでみたい」

そういうのはあるかもしれませんが、いざ付き合ってみたら、新しい関係をお互いに一から作るわけですから、疲れてくるわけです。

すぐに昔の恋人であるあなたを思い出し、引き合いに出して考えます。

別れたあとは、段々と良い思い出ばかりが残ってきますから、あなただったら彼・彼女の勝手を知っており、好みなども把握していますから、気を使わなくて良い関係なわけです。

新しい恋人の方がはじめは良く思えるかもしれませんが、ニューバージョンのあなたの良さに気づき始めると、すぐにあなたのことが気になり、忘れようとすればするほど、あなたを思い出してしまう状態になります。

しかし、それももちろん、あなたの性格的な問題などを改善できればの話になります。

相手を思いやることができているのであれば、なじみの付き合いがあるあなたの方が、心が安らぐに決まっています。

相手はもしかすると、一時は新しい恋人と関係を持つかもしれませんが、あなたの元に戻ってくるでしょう。

逆に言えば、相手に恋人ができていなくても、あなたが今までのままであれば、まず復縁はできません。

まず第一に、自分を変えること。

それさえ気をつけていれば、復縁は自ずとやってきます。

相手に恋人ができたかどうかは、あまり関係しません。

私の無料メール講座にぜひご参加ください。

そこで自己改革に一緒に取り組んでいきましょう!

無料メール講座

奪い取る! という気持ち

奪い取るという気持ちを持つ

相手に恋人ができたら、、と怖れるのは、

  • 新しい恋人に奪われたら、奪い返す自信がない
  • あるいは奪い返すことが怖い
  • 奪い返すほどの強い意志が持てそうにない

ということにあると思います。

要するに、この点が問題なのです。

  • 奪い返すなんて無理じゃないか?
  • 相手に迷惑がかかる
  • そんな残酷な行為はできない

そんな風に思ってしまうというわけです。

そのために、新しい恋人ができることを怖れてしまう、焦ってしまうのです。

日本人の優しい気質が出てしまうんですよね。

元彼・元カノを信用しませんか?

そもそもですが、そんな簡単に好きな人ができたりするような心変わりする恋人と、本当にやり直したいですか?

仮に新しい恋人ができたとしても、それは寂しさ紛れだったり、きっかけ作りとして付き合っているだけかもしれません。

あなたと仲良く付き合っていたにもかかわらず、別れて間もないうちから完全にあなたを捨てて、新しい恋人と付き合うような白状な相手を、まだ追いかけますか?

あなたの恋人が、そんな冷たい人間だとは思わないことです。

もっと恋人を信じましょう。

どうしても信じられないのだとしたら、それは信用ならない相手だということです。そんな相手とは復縁を目ざす必要はありません。

「信用ならない相手だなんて失礼な!」

では、元彼・元カノは信頼できる人ということになりますよね。でしたら、元彼・元カノを信じてみませんか?

仮にあなたを忘れて新しい相手と楽しく付き合っているにせよ、あなたのことを忘れたりはしません。

あなたが誠実で真面目な良い男、良い女になることで、懐かしさ勝手知ったるかつての絆がありますから、新参者に奪われたりせず、あなたの元に帰ってくるでしょう。

自分の中の怖れが最も大きな敵

自分の怖れが復縁の敵

ですからまずは、怖れずに冷却期間をしっかり持つことです。

そして仮に新しい相手の影が見えても、焦らないで下さい。

焦って行動しても、良い風は吹きません。

仮に、恋人ができていたら、迷わず奪い取るだけです。

ゴタゴタするのが嫌だ、というのは尤もです。

「もう新しい人がいるから(怒)」という態度を、相手は取ってくるかもしれません。

ですが、あなたはそれ以上の優しさと、強さを持って接するわけです。

「いつでも見守っているよ」という強い気持ちと態度を取ることができれば、恋人はあなたに再び惹かれ始めるでしょう。

また、重要なのは、冷却期間を置かずに早々に仕掛けても失敗してしまうということです。

ですから、冷却期間を置くことで不安になってしまうかもしれませんが、期間を置かずに失敗してしまっては、元も子もないです。

それだったら、少しの期間我慢して、自己研鑽を積む方が、身になるのではないでしょうか。

まとめ

最初に申し上げましたが、新しい恋人ができていても、復縁できているケースは多いです。

そして「新しい恋人ができたらどうしよう?」ということに怯えて焦って行動してしまい、失敗するケースもまた多いです。

ですから、重要なのは焦らないことです。焦ってしまっては元も子もありません。

落ち着いて復縁に取りかかりましょう。キーワードは下記になります。

  • 自己改革に取り組む
  • 相手を信用する
  • 奪い取る! という強い気持ちを持つ
  • 焦らない

では、共に頑張っていきましょう^^

メール相談

本気で復縁を実現するために・・・

無料復縁メール相談

当サイトでは、実際に「復縁できた!」「関係が進展した!」との声が非常に多いカリスマアドバイザーの無料メール相談の利用も、合わせてオススメしております。

 

このメール相談では、相談者の悩みに合わせた個別のメール相談を実施しています。

 

「連絡も取れない、、ブロックされた、、こんな私でも復縁できた!」

という声がたくさん届いております。

 

雑誌のananでも紹介されるなど「復縁相談のカリスマ」とも呼ばれており、過去136,000件以上、メール相談の利用者満足度97%!

 

絶望的な状況でも成功させてきた究極のアドバイスで、あなたの別れの状況に合ったオリジナルの復縁アドバイスが送られてきます。

中でも、

  • ・「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • ・「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • ・「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

 

そしていまならなんと! 私が執筆した9800円のマニュアル「知らないと後悔する復縁メールの送り方」を参加特典として特別に無料プレゼントしています。

悩みがちなメールの書き方を完全に網羅しており、
  • ・彼(彼女)と会うためのメール作成方法
  • ・すぐに返信がくるようになる2つの魔法ワード
  • ・返信したくてたまらなくさせるアプローチ法
  • ・ノリが悪い相手の雰囲気を一変させる切り札トーク

などで、このマニュアルを読めば、今までいかに間違ったアプローチをしていたのか、返事が来るメール文の作成はこんなに簡単だったのかと驚かれる人が続出しています。となっております。これを手に入れるためだけにメール相談を受ける方もかなり多いです(笑)

 

復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいと思っております^^

 

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

 

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

今すぐ無料でメール相談する
  • 過去にこのメール相談を受けられたことがある方は、お受け取りできません。
  • 20歳未満の方はご利用になれません。ご理解下さい。
あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク