スピリチュアルで復縁願望を叶えるときの注意点

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

スピリチュアルの成功法

願望実現が叶いにくい願い方

こんにちは、やまとです。 スピリチュアルで復縁シリーズのその2です。

昨日の記事では書かなかった、もう一つの重要なポイントを書いていきます。

昨日の記事はこちらです→スピリチュアルの力で復縁する方法

潜在意識の力を使って復縁を働きかけるというのが、スピリチュアルによる復縁です。

自分の奥底にある宇宙パワー(?)のようなもので、復縁を引き寄せるわけです。

そして前回は、ネガティブなマインドの願望は、

ネガティブにしか叶わないという話をしました。

つまり「失恋したくない」だと、

失恋というネガティブなエネルギーが働きますから、

「したくない」という否定形の部分が作用されず、

“失恋”という現実が引き寄せられます。

ですから、そういう場合は「彼女とラブラブだ」という

ポジティブなイメージを持てば、

「彼女とラブラブ」という素直な現実が引き寄せられます。

だから、 「嫌われたくない」 「太りたくない」 というような、

ネガティブな願望は逆の結果にしかなりませんので注意しましょう。

叶えるにはポジティブな動機であることが肝要です。

「〜したい」ではいつまでも叶わない

しかし、一見ポジティブな願望でも、叶わない願い方があります。 これは注意が必要です。

どういったものかと言いますと、「〜したい」という願望です。

「結婚したい」 「復縁したい」 これは絶対に叶いません。

勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、この願い方だと、

「〜したい」と思うようなことしか引き寄せられません。

「結婚したい」という願いだと、「結婚したいなー」と

思うようなことばかりが叶ってしまいます。

結婚でも復縁でも何でも、「したい」と言っているうちは、

あなたの心の底、つまり潜在意識には刺さっていません。

もし本気で願望を実現したいなら、「復縁する」「結婚する」。

これぐらい強い断定の意志が必要です。

なぜ断定することに抵抗があるのか

ところで、なぜ断定したくないのでしょうね。

これについても考えてみました。

断定してしまうと、二つの悩みが訪れます。

    1. 断言しておきながら、もし復縁(結婚)できなかったら立ち直れない。
    2. 相手に強引に迫ってしまいそう。

まず1についてですが、確かに、もし〜を考えると非常に切なくなりますね。

願望どおりにはいかなかったら?

そう思ってしまいます。

ただ、復縁に関しては、私もサポートしますし、

最強の復縁マニュアルである「7ステップ」もあります。

7ステップは85%の方が復縁に成功していますから、

復縁はもう目の前、当たり前のように成功します。

詳しくは下記の記事をご覧下さい。

>>本当に復縁できる唯一の方法論『7つのステップでもう一度好きにさせる方法』

ですから強い意志を持って「私は彼氏(彼女)とラブラブだ」

という信念を持って下さい。

そうすれば、その状態になるように潜在意識のパワーが働きます。

2、彼氏(彼女)とラブラブだ!なんて思い込んでしまったら、

現実的に無茶な復縁を迫ってしまいそうですよね。

ですが、実はそうでもありません。

いかにもその発想は、「願望は叶わない」という

前提を持ってしまっているときにありがちなものです。

願望が実現すると知っているなら、無理にアプローチする必要はありません。

ですがらもちろん、適当に過ごしてもいけません。

「どうせ潜在意識が復縁を実現してくれるだろう」というような精神では、

それもまた潜在意識に影響を及ぼします。

“真面目に誠実にひたむきに”このスタンスは復縁に限らず、

心の有り様としては重要なことですから。

しかるべきことを、しかるべきようにする。

このブログや「7ステップ」に取り組みながら、復縁は叶う、

という気持ちを潜在意識に抱いていれば、自然と復縁への道が開かれていきます。

もちろん、願望が叶わないことによる妙な焦りがあったり、

苛立ちがあることは普通のことです。

そのような感情にさらされながらも、流されずにひたむきに取り組むことが、

復縁には肝要です。 頑張って行きましょう!!

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク