元彼(元カノ)とどうしても分かり合えなかったあなたへ

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

固定観念を捨てましょう

固定観念というものがすれ違いを呼ぶ時もあります。

あなたも交際期間中に、彼氏(彼女)と

どうしても意見が合わなかったときがありませんでしたか?

今回はそんなときのためのお話です。

知らず知らずに洗脳されているんです

我々は知らず知らずのうちに、

テレビやら本やら、親の育て方や、学校教育などで、

ありとあらゆる固定観念が埋め込まれています。

お気づきでしょうか?

たとえば、大事なことでは

「食べる前には『いただきます』と言いましょう」とか、

「病院では静かにしましょう」とかそういった一般常識ですよね。

そのほかにも、

関東はうどんの出汁が黒いですが、関西では透明が当たり前、

といった地域に根ざすものもあります。

家庭内でも、この椅子はお父さんの席と決まっていたり、

そういうルールがありますよね。

よく分からないなあ、と私がよく思うのはネクタイですね。

首の前をブラリと垂れ下げて、これが正装というのがなんだか不思議です(笑)

役に立たないですよね。

このように、なんだか分からないものまで含めて、

社会で生きる上でのさまざまなルールがあり、

これを無意識のうちに受け入れている状態を、

心理学的には社会的洗脳と言います。

「これはこうするモノ」という決まりごとに染まっていて、

それをそのとおりしないと何だかキモチワルイ状態。

よく言えば習慣なんですが、

これが悪い方に染まっている場合はとくに

“洗脳”という言葉を使ったりもします。

私は関西人ですが、肉じゃがに豚肉が使われているのが信じられません(笑)

関西では絶対に牛肉ですから。

「関西では牛肉」・・・こういう固定観念が社会的洗脳なんですね。

実は流行も洗脳の一環?

ただ、この程度のことであれば、

あなたの人生にとっても何も影響ありませんよね。

もう少し広く考えてみますと、たとえば流行のファッションもあります。

トレンカやら、サルエルパンツやら、ローライズデニムやら、

ロンパースやらいろいろな流行のキーワードがありますけど

「あの格好はダサい」「流行遅れ」などというファッションの見方も、

ときとしてテレビなどに洗脳されすぎている場合があります。

細眉ブームとか、そういうものですよね。

そして、こういった社会的洗脳が

恋愛にまで悪影響を及ぼしている場合があります。

みんなが楽しむクリスマスでさえも意見が異なるもの

たとえば知り合いの女性の話ですが、

クリスマスのことで、彼氏と別れたそうです。

その方は敬虔なクリスチャンなんですが、プロテスタントなんですね。

西欧のキリスト教の宗派には大きく分けて

カトリックとプロテスタントがあります。

カトリックはよく映画で観るように、

クリスマスを盛大に祝うのですが、

プロテスタントはパーティなどせず慎まやかに祝います。

もちろん、各家庭によってさまざまでしょうが。

日本ではクリスマスときくと

「早く恋人を見つけなくては!」などと考え、

何だか最高にラブラブに過ごさなければいけないような

イメージがありますよね^^;

しかし、よく考えてみるとこれもおかしな話です。

本来はキリストの生誕を祝う日ですし、そもそも日本は神道、仏教の国です。

元旦には同じ足で神社に行きます。

にもかかわらず、なぜかクリスマスは恋人と過ごす日で、

相手がいなかったらヤケ酒、みたいに考えてしまいがちです。

不思議な話ですね。

このように、クリスマスだけの話でも結構、考え方に隔たりがあります。

私も実はクリスマスや元旦など、そういったイベントごとに関心がありません(笑)

ですからもし、例えば彼女がクリスマスをとても大事に考えていたら、

そこに隔たりが生じますよね。

問題というのはとくに“自分(相手)が大事だと思っているのに、

相手(自分)がとても軽く考えている”ときに発生しやすいです。

まとめ

ですので、今回のこの話で注意しなければならないのは、

    1. 自分の固定観念で、相手を自分の型に無理矢理ハメようとしていないか
    2. 相手が大事に考えていることを、軽視していないか

という二つの点です。

大事なのは、自分が自分で思っている以上に、

意外なところで変な“こだわり”をもってしまっていることに、

気づく必要があるということです。

そしてそれに自分が気がつかなかったために、

元彼(元カノ)と分かり合えなかったのかもしれない、

ということです。

この機会に自分を見つめ直し、

知らずに元彼(元カノ)を苦しめているところはなかったか、

よく考えてみられると良いかもしれませんね。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク