復縁するために、ポジティブでいたいのにいられない人へ

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

ポジティブシンキングができない

「復縁するために、いつでも明るい気分で、

ポジティブシンキングでいたいのにできません。

何か良い方法はありますか?」というお手紙を頂きました。

ありがとうございます。

私の結論として申し上げますと

「いつでもポジティブシンキングだなんて、そんな状態は多分、病気です」ということです。

復縁するために、無理にポジティブでいようとする必要はありません。

大事なことはもっと違う点にあるからです。

今回はそれをテーマに書いていきます。

ポジティブすぎるのも、体を壊します

いつでもポジティブシンキングだとしてたら、

重度の躁(そう)状態ですから、極めて危険です。

ちなみに明石家さんまさんは躁病だと、

知り合いの臨床心理士の先生がおっしゃっていました(笑)

あの方だから元気ですが、普通は倒れるそうです。

自分の体が、ポジティブであることを受け入れられないのに、

そこで無理してポジティブであろうとすれば、

確実に心にダメージを負ってしまいます。

人間は陰と陽のバランスで成り立っていますから、良い時もあれば悪い時もあります。

ポジティブであろうとするよりも、うまく折り合いを付けるほうがよほど大事です。

  • 失恋が辛い
  • 復縁がうまくいかない
  • 最近良いことがない

こういったネガティブな感情が押し寄せてくるときは、

その流れに逆らわないことですね。

「辛いけど頑張るぞ!」と無理に力んでしまっては、

自分の本当の感情に目をつむって、ある意味で心に蓋をしてしまっている

ような状態になってしまいます。

ですから、ネガティブな感情が湧き上がってきたら、

まずは心に受け止める、その感情を隅々まで感じてみることが大事かもしれません。

失恋を克服するのはポジティブさではなく、受け止めること

とくに失恋という心の痛手は、すぐに解消できるものではありません。

湧き上がってくるネガティブな感情を、一度では受け止めきれないと思います。

ですから、何度も何度も、

その感情を根気強く受け入れてあげることから始めると良いでしょう。

とはいえ、感情を受け入れると言っても、

その感情に自分自身が囚われてしまい、

気分が悪くなるなど、正常な状態でいられないようになってはなりません。

それは単に、悲しんでいる、嘆いているだけです。

そうではなく、どちらかといえば、

その感情を、客観的に心を見つめる感じでやってみてください。

もっとも、無理に客観的に考えようとするとまた辛いので、

あまりその点を意識しすぎず、無理のない範囲でやってください。

ただただ、受け止める感じです。

ネガティブな感情を、深呼吸しながら心に留めるようにやってみてください。

受け入れることで見えてくるもの

初めは辛いだけかもしれませんが、何度も繰り返していますと、

自分が次にどうすべきか、というのが見えてきます。

ネガティブな感情が心のなかで消化され、栄養分となってくれるのです。

ポジティブシンキングというものは、白と黒という色があれば、

何でも「白!」だと言ってしまうようなものです。

一方で、ネガティブな感情を見つめるトレーニングは、

黒いものを黒いものだと強く認識する、理解する行為です。

これによって、白も黒もはっきりと認識できるようになり、

心の幅が広がります。

心の幅が広がることで、その分、色々な感情に向き合ったり、

相手の心を思いやったりすることができるようになってきます。

我々が取るべき行動は、白を選ぶか、黒を選ぶか、ということではないのです。

目先のポジティブシンキングやネガティブさではなく

「どうすれば復縁できるのか、復縁するためにはどうすれば良いのか」

ということを考えるべきなのです。

これは白や黒も、ポジティブやネガティブも

超越したところで見えてくるものです。

まとめ

片方の目からみても、なかなか見えてきません。

ポジティブさもネガティブさも見つめて、やっとわかってくる感覚なのです。

無理にポジティブになることはありません。

起きた出来事から逃げずに、一つ一つを心に受け入れていくこと。

そんなことから初めてみると良いかもしれません。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク