恋愛は遺伝子的に「似ていない者同士」が惹かれやすいって本当?

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

雑種強勢 遺伝子は異なる人間を求める

結局、恋愛というものはお互いにかけているものを相互に補い合う、

助け合うことが根本にあり、お互いに自分の中にないものを求める傾向にあります。

相手にないものをみせていくには、いったいどうすればいいのでしょうか?

遺伝子的にも、似ていない者同士が惹かれやすいのです

雑種強勢という言葉はご存知でしょうか。

生き物というのは、母親(雌)、父親(雄)の足りないところを

掛け合わせてつくられるため、遺伝子として両親よりも強い種になるとされています。

例えば父親がAという病気に弱くても、

母親にその耐性があれば引き継がれるように、双方の強みが生かされるのです。

つまり、母親と父親に似通った性質がなければないほど、

それらの足りないところが補われ合うわけですから、

遺伝子的にもお互いに“似ていない人同士”の方が惹かれやすいとされています。

つまり、もし相手に好かれたいと思えば、相手にないものを見せていくと効果的なのです。

マンネリ化の理由

何年も交際しているとマンネリ化してくるのは、

お互いがいつも一緒にいるために波長が似すぎてしまい

「似通ったお互いの関係」になってしまったことで、ときめきが薄れてしまうからです。

ですから、あなたにはつねに、

相手とは違うセンス、相手とは違う考え方が求められるわけです。

しかし、そんなことができるでしょうか?

我々は超人ではないですから、

「ああしましょう」「こうしましょう」と言われて、

すぐに対応できるものではないはずです。

当サイトにおいて私が最も注意して書いているポイントは

“無意味な精神論で終わらない”ということです。

「気配りを欠かさずに」

などと言われても具体的ではないですからね。

なるべく、具体的になるように気をつけているつもりです。

困りごとを解決してあげること

では、この“相手にないものをみせていく”ことのポイントについて書きます。

お仕事をされている方ならみなさんご存知のとおり、

仕事というのは“お客の困っていることを解決する”ことで収入を得ています。

実はこれこそが“相手にないものを補う”ことに他なりませんよね。

困っていることを解決してあげること。

これが仕事でも、恋愛でも根本にあることなのです。

  • 「相手を補う」
  • 「相手にない自分を見せる」

口にするのは簡単ですが、探すことは難しいです。

そこでその問題を簡単に解決する方法こそ、

相手の困っていることを解決してあげることなんですね。

どうやって困りごとを解決していくべきか

ただ、もはや別れてしまっていますから、

相手と会うことさえ難しい状況かもしれません。

ですので、

もし何か、元カノ、元彼が困っているという情報を聞きつけたら、

それを対処してあげることです。

復縁のことを匂わせると嫌がられますので、

困っていることにだけ集中しましょう。

また、会うことが難しい状況であれば、

付き合っていた頃によく話していた困りごとを思い出してみて下さい。

それを、解決してあげられるように取り組んでみましょう。

不言実行で取り組みましょう

「困っているみたいだけど、手伝おうか?」

と一声かけるのが礼儀なのかもしれませんが、

実は声をかけると断られる可能性があります。

それは「復縁を求められるかも」という考えもありますし、

単純に気を遣われて断られます。

ですから、手伝いは声をかけずに、こっそりと進めることです。

不言実行という言葉がありますが、まさにこれです。

そして手伝いをしたことさえも、

気づかれないぐらいに淡々と進めてしまいましょう。

これで復縁を疑われることもありませんし、

この方がかえって相手も感謝してくれるものです。

あっ、あの人が解決してくれたんだ。

それも全然恩着せがましくなく、さりげなくやってくれた。

やっぱり良い人だな。

きっとこのように考えてもらえるはずです。

不言実行は恋愛だけでなく、友人関係、仕事でも使えます。

ぜひ明日からやってみてくださいね。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク