復縁ではホームラン級の行動より、こつこつヒットを重ねた方が成就しやすい理由

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

ポイントカードを貯めるように復縁

恋愛もそうですが、復縁にもいえることとして、

ホームランを狙いすぎる方がいらっしゃいます。

一撃の大サプライズによって、

一気に復縁にもっていこうとする方のことです。

よくいわれる、ロミオメール、

ジュリメール(ジュリエットメール)もそうです。

まるでポエムみたいにクサい長文で愛を語り、

それで復縁につながるという考え方の甘さ。

とにかく復縁を雑に考えており、

そこに相手を思いやる気持ちはありません。

今からでも遅くないので、考えを改めていきませんか。

ホームラン狙いでは絶対に無理

フラレてしまった悪い自分へのイメージを、

1発で解消しようという安易な考えの方もいらっしゃいます。

だから最初は、

「俺は悪く無い、お前が悪い」などと言っていたのに、

旗色が悪くなると、いきなり手綱を緩めだして、

「俺も悪かった、やり直してもいい」などと言い始めます。

でもまだ上から目線ですよね。

それが最後にはもう、とうとう、

「お前がいないと俺はダメなんだ、許してくれ」

などと懇願しだしたりします^^;

カッコ悪いですね。。。

ポイントカードはお持ちでしょうか?

復縁までの流れはポイントカードみたいなものです。

コツコツとポイントを貯めていると、

あるときポイントが満タンになり、復縁が成就するのです。

一撃の大サプライズでも、1ポイントに過ぎません。

  • 「どうせ最初だけでしょ」
  • 「復縁したいから気まぐれでやっているんでしょ」

そう思われるのが関の山です。

ですから、復縁のために行動をしたとき、

必ずしも良い反応が返ってくるとは限りません。

メールしても、返信もないかもしれません。

ですが、適切にメールをしていれば、

表面的には何の効果も現れていないように見えても、

実は高い効果をもたらしている、といった場合もあります。

(適切な対応でなければ、マイナスにもなりますが)

ついやってしまいがちなのは、

効果をもたらしていないからといってヤケになり、

暴言をはいたり、諦めてしまったりすることです。

相手としては

「せっかく心の中では見直し始めてたのにな」

と思っています。

表面的に、ポジティブな反応がないときこそ、

忍耐強く取り組むべきです。忍耐が試されています。

私がよく、恋愛の法則として例をあげている言葉があるのですが、

恋愛とは「水を張った洗面器に顔を付けて、

どこまで耐えられるかを競うようなもの」なのです。

諦めてしまい、つい、元恋人に皮肉を言ってしまったり、

傷つけるような発言をしてしまったら、もうそこで終わりです。

自分のメンタルをコントロールし、

地道にポイントを溜めていこうとできるか。

これが大事だと思います。

ですから、一発で過ちを取り返せるなんて安易な考えはやめてください。

土下座でなんとかしようとする男性

浮気で別れを切り出された場合の鉄板の復縁技として、

男性の場合、土下座があります(笑)

土下座は、私はやったことがありませんが、

復縁話をきいていると結構、効果があるみたいです。

しかし土下座で彼女と復縁してきた人たちの話には続きがあります。

何か過ちを犯しても「土下座すればなんとかなるだろう」という

発想がすぐに浮かぶようになってしまうんですね。

で、土下座で今まではなんとかなっていたのに、

突然、土下座が効かなくなってしまいます。

忍耐というのもポイントカードと同じですから、

ポイントカードが満タンになった途端に、急に別れはやってきます。

まとめ

人の心というのは、仲が良いうちは波長が合いますから、

以心伝心で気持ちが伝わることもあるのですが、

別れを迎えた関係ともなると、

相手の気持ちなんて少しも分からなくなってしまいます。

ですから、分からない中で、

なんとか正解を探して奮闘していくしかないわけです。

簡単に諦めないこと、そして軽く考えないこと。

この2つはいつも肝に銘じている方が良いと思います。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク