失恋の苦しみから解き放たれる簡単な呼吸法

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

脳がもたらす、むやみな思考を消す

復縁にまつわる、さまざまな

モヤモヤした気持ちを抱えていませんか?

  • なぜフラレたんだろう
  • 自分に悪いところがあるからダメなんだ
  • もう人生は終わりだ
  • 復縁なんて絶対に無理だ

このような、終わりのない、そして解決しない思考を

延々とループさせ続けていたりしませんか?

考えること、改めることは素晴らしいことですが、

ただむやみに悩みを抱えて、前に進めなくなっているとき、

そんなときは少し、考えを整理する必要がありそうです。

左脳に思考を縛られる

自分では気がついていないのですが、

自分の心の中で、あれこれと指示を出しているのは

左脳の命令によるものなんですね。

  • 浮気されているんじゃないか
  • フラれて悲しい
  • あいつは許せない

これは全部、左脳の指示で感情が作り出されているんです。

左脳が自分なんだから、自分が指示を出しているんだ、

と思われるかもしれませんが、自分って脳ではないんですね。

実は、人間の器官で最も基本になるのは腸です。

少し前に話題になった本、

「脳はバカ、腸はかしこい」(三五館)の著者、

藤田紘一郎さんは次のように言います。

生物には最初、脳がありませんでした。

地球上に生物が誕生した約40億年前。

最初に備わった器官は腸で、

脳ができたのは5億年ぐらい前なのです。

つまり、脳はまだこの生体に

フィットしていないというわけです。

そうなんですね。

人間が進化の過程で哺乳類になる以前、

ミトコンドリアとかそういう生物でさえないころは、

脳なんてありません。

では何が重要だったかと言いますと、

栄養を体に取り入れる器官です。

そうです。

腸こそが、体の中で最も大切な器官でした。

だから体の中心部にありますし、

ヨガにおいて気が集まる場所とされる丹田は腸にあります。

脳はといえば、あくまで腸から派生した器官なのです。

腸が基であって、その腸からの栄養を管理をし、

効率的に動くために追加で備えられた器官なのです。

だから、胃腸はストレスなどとも密接に結びついていますよね。

環境が変わると便秘になったり、

不安になると下痢になってしまうのです。

つまり、心の反応がダイレクトに伝わるのが腸なのです。

ですから、

文句を言いたくなるような状況や、

愚痴をこぼしてしまいたくなるのは、

極端に言えば、あなた自身とは関係なく、

脳、それも左脳が勝手にやっていることなのです。

その間、右脳はといえば、左脳の出しゃばりによって、

ほとんど機能していません。

  • 心配する
  • 先回りして考える
  • 怒る
  • 嫉妬する

これらは、ほぼ全て左脳の指示によるものですから、

これらの指示に従っている私たちは、

もはや左脳の指示で下働きをしているようなものです(笑)

そうです、私自身が、左脳にコントロールされているのです。

そのことを説明する面白い動画がありますので、ぜひご確認下さい。

面白い動画ですよね。

話し方もユーモラスなので、思わず見入ってしまいます。

彼女によると、左脳を少し大人しくさせて、

右脳を活性化すれば、素晴らしく素敵な体験ができるそうです。

左脳を大人しくさせるコツ

このような境地に入るコツですが、

まずリラックスし、呼吸を整えて下さい。

腹式呼吸を取り入れて下さい。

>>恋愛体質になれる、とても簡単な2つの方法【準備運動編】

そして呼吸だけに意識を集中し、他のことを一切考えないようにします。

何か左脳が話しかけてきても、スルーして下さい。

これを10分ぐらい続けてみましょう。

これだけでも随分と気持ちが違うはずです。

脳の中のおしゃべりがあまりにひどいときは、

たびたびこの呼吸法を行って下さい。

まとめ

繰り返しになりますが、愚痴や文句というのは、

あなた自身が発しているのではなく、左脳が作り出しているのです。

ですから、左脳の言うことを何もかも信じる必要はありません。

その選択は、あなた自身ができることなのです。

ですから、愚痴や不満だけを言って

毎日が終わるような人生をやめるには、

あなたの意思が必要なのです。

あなたが左脳の言うことを真に受けずに、

受け流して、思考から自由になろうとすること。

その意思がとても大事なのです。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク