我慢しがち・甘えるのが苦手なあなたが、上手に思いを伝える3つのポイント

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

復縁するために、思っていることを口にする

復縁を目指す立場である以上、元彼(元カノ)に対して強く出にくいものですよね。はっきり物を言って、嫌われてしまったらどうしよう?

そう考えてしまいませんか?

しかし、そのトラブルを避けようとする性質が、あなたを失恋へと導いたのかもしれません。

今回は、

  • どうすれば思っていることを口にできるか?
  • 思っていることを口にすれば、どんなメリットがあるのか?

についてお話ししていきたいと思います。

思いを伝えないことによるトラブル

こんにちは!

復縁アドバイザーのやまとです。

復縁相談に乗っていると、どうも思っていることを口にしないという方が多いですね。

やはり

  • 思っていることを言って嫌われたらどうしよう
  • 言い争いになるような疲れることはしたくない
  • 言い訳はしたくない
  • 自分さえ我慢すればいいことだ

と考えて、思っていることを口にせず、心に留めておく人が多いです。

しかしですね。これにはいくつかの弊害があります。それではまずはその点から見ていきましょう。

思っていることを口にしないことによるトラブル

まず、

態度に出てしまう

やっぱりこれですね。態度に出さないつもりでも、ついつい態度に出てしまう方がいます。

なんだかよそよそしい態度を取ったり、急に冷たくなったり、喧嘩腰になったり。

不満なんてないようなふりをしつつ、どこか態度が違う、なんて方は多いのではないでしょうか。

こんなことをすると、かえって相手は気分を害しますよね。

「気に食わないなら、言えばいいのに。言わないで態度で不機嫌さを出すなんて、余計に不愉快だ」

このように相手は思ってしまうでしょう。

あなたとしては、相手を気遣って「気にしないように、そして態度に出さないように」と思っていらっしゃるのでしょうが、しっかり態度に出ちゃっているのでしたら、改めるべきでしょうね^^;

問題が解決しない

黙っているとトラブルにもなりやすい

自分さえ我慢すれば、、の精神で我慢するのは結構ですが、それで問題が解決しなければ、意味がないですよね。

あなたとしても、復縁したいという気持ちがありますから相手には強く出られないのだと思います。

しかし、あなたが黙っていることで、相手もあなたの気持ちがわかりませんし、相手がもし間違っているなら、相手のためにもなりません。

そして、問題が発生しているにもかかわらず、そこにあなたが言及しないとなれば、相手に責任を放棄していると取られかねません。

黙っている=責任放棄、と見られやすいです。

こうなると相手は「私のことを大事に考えていない」と取る場合もあります。

ですのでこの点は意識しないと、さらに関係は悪化します。

空気が重くなる

これまでも私は復縁における空気の重要性について書いてきました。

復縁を成功に導くポイント! 復縁しやすい性格・特徴とは?

明るく元気な性格、楽しいキャラクターというのがやはり復縁しやすいんです。

  • 「私は根暗だからだめだ」
  • 「俺はクールなタイプだから無理だ」

そう思われる方も多いのですが、別につねに明るく元気でいなければならないわけじゃないんですよ。

私が重視しているのは、相手を幸せにしたい、という気持ちがあるかどうかなんです。

幸せにしたいという気持ちがあるなら、例えば相手を和ませたり、相手をちょっとホッとさせられるような一言が思いつくと思うのです。

ですから、そういった明るい空気を作るためにも、やっぱり「会話」はちゃんとしなければなりません。会話がなければ、関係って成立しませんよね。

話をしないなら、ひとりでいれば良いのですからね。

言い争いを避けるためのポイント

しかしですね、話し合いをするにしても、例えば相手がすぐに喧嘩腰になりやすいタイプだったり、自分がすぐにカッカしやすいタイプだと、なかなか気持ちを整理して話をすることが難しくなると思います。

となると、うまく工夫をして話し合いをする必要がありますよね。

どのように話し合っていくべきでしょうか。

すぐにカッとなりやすい相手の場合

カッとなりやすい人というのは、自信がない方や、あまり人に信頼されていないのではないかと心配されている方に多いです。

こういった人を相手にするときは、あなたに敵意がないことを表すために、ニコニコ笑いながら話しかけることです。

そして、できるだけ相手を否定せずに、相手をうまくおだてて、なだめながら、あなたの意見を言ってみてください。

カッとなりやすいので、あまり聞く耳を持たないタイプもいますが、聞いていないようで聞いているのがこのタイプでもあります(笑)

こちらが誠実に対応すれば、口ではイライラした態度をみせても、意外にきっちりと対応してくれたりします。

ですので、こういった相手の場合にあなたが注意すべきなのは、

  • あなたまでイラっとしてしまわない
  • 真摯に対応する
  • 伝わっていないようでも、実は伝わっていることを頭にいれる

ということです。

誠実に、真摯に対応するとわかってくれますので、根気良く頑張ってみましょう^^

自分がカッとなりやすい場合

相手ではなく、自分がカッとなりやすくて話し合いが難しい場合もあります。

カッとなりやすいのは、上でも書きましたが自信のなさの表れである場合が多いです。

自信がない上に、いろいろなことを言われてしまうと、自分が必要とされていない気がして、防衛反応として自己主張してしまうのが怒りなんですよね。

そんなあなたが最も注意すべきことは、論点が何なのか、ということです。

論点はあなたの個人的なことではなく、また、相手を責めることでもないですよね。

問題を解決することです。

ですから、怒りによって自分を見失いそうになったときに、まず考えるべきことは「何のためにこの話し合いをしていたのか」です。

個人攻撃に感じても、そこを気にしてしまっては話が前に進みません。前向きに取り組むために一度、自分のことは置いておいて、問題を解決すること、あなたの意見を正しく相手に伝えることに意識を集中させましょう。

怒りで自分を見失うのは、問題解決への集中力が欠けているということだと思います。

正しい判断をし、正しい決断をするためにも、適切な対応が求められるといえます。

相手にうまく気持ちを伝えるためのトークテクニック

相手にうまく気持ちを伝えるポイントとテクニック

どうしても人に伝えるのが苦手! という方のために、簡単なコツをご紹介させていただきます。

ポイントは

  1. 焦らず丁寧に
  2. 自分が何を思ったのかを伝える
  3. 解決策をいくつか提示する

の3つです。

焦らず丁寧に

相手が高圧的な態度だったりすると、自分自身も何が言いたかったのかわからなくなってしまうことがあります。

そうなるとどうしても焦ってしまいがちですが、こんなときこそ、ゆっくりと話すことを意識しましょう。

ゆっくり、一つ一つの単語、フレーズ、文章を自分の頭の中で整理しながらゆっくりゆっくり話しましょう。

フレーズごとに文章を切ることで、話にリズムができますから、相手も聞きやすくなりますよ。

自分が何を思ったのかを伝える

とくに相手への非難に関しては、つい「あなたのせいで」「あなたがこうだから」と相手を責めてしまいがちですよね。

しかし、こう直接的に責めてしまうと相手も気分が悪くなりますから、激昂しやすいです。

「あなた」というフレーズを使ってしまうと、相手は攻撃されていると感じてしまうのです。

ですから、思いを伝えるときには、つねに主語を「私」にしたほうが良いです。

  • 「私はこう感じた」
  • 「私はこうしたかった」
  • 「私は嫌な気分になった」

このように個人的な感想を述べることで、相手は直接的に責められていると感じませんし、あなたの話を相手に説明しているだけなので、相手も客観的に考えられることができます。

また、適切にあなたの苦しみ、悩みを伝えることができますから、相手の心に入っていきやすいのです。

ぜひ「あなたが」「あなたのせいで」となりやすいところを「私が」にかえて話をしてみてください。

解決策をいくつか提示する

以上のように思いを伝えても、最後で失敗しないように気をつけてください。

以上のような気持ちなので「こうしてほしい」というただ1つの解決法を相手に提示すると、それを強要されているような気になり、反発したくなります。

代わりに、AかBかCか、など、いくつかの案を提示して、それを相手に選んでもらうのが良いと思います。

相手が自分自身で選べば、自主性も生まれますから、伝わりやすいです。

どうしても解決策が1つしかない場合は、そこはもうはっきりダメとは言わずに、あなたが思いを伝えたことで、相手も自然と答えが出ているはずなので、あまりしつこく相手からの言質を取ろうとしないほうが良いでしょう。

相手はあなたの声を待っている

私もどちらかといえば、我慢しちゃうタイプなんですね。

人に甘えたり、思いを伝えたりすることが苦手なタイプです。

なので、思いを伝えるのが苦手な方のお気持ちがよくわかるのですが、やっぱり、思いを伝えることが

  • わがままになるのではないか
  • そのことで相手を傷つけないか

とかが気になってしまうんですよね。

だからつい気持ちを引っ込めがちなんですけれども、伝えられた方の相手って、全然違うことを思っていたりするんですよ。

意外と

  • 早く言ってくれたらよかったのに
  • あなたの気持ちがきけてよかった
  • いつも感情を我慢してみえるから付き合いにくい

こんな風な意見を、相手が持っていたりするんですよ。

ですから、良かれと思って気持ちを伝えることを我慢して、ひっそりと生きていたんですが、これって逆効果かもしれないんですよね^^;

思っていることをしっかりと伝えること、あなたがいまどんな気分なのか、どうして欲しいのか、ということを伝えると、相手もどう対応したら良いのかわかってくれるんです。

また、キツイことを言ってしまったとしますよね。

その結果、相手が怒り出してしまったとします。

たとえそうなってしまったとしても、必ずしも悪い方向に進むわけではないのです。

元彼・元カノも痛いところを突かれて、一時的に感情が高ぶっているだけで、後から考えるとすごく感謝している場合もあります。

そして、そのことがきっかけであなたを見直して、尊敬するようになる可能性もあります。

間違っていることを「間違っている!」と、ビシッと言ってもらえるような相手が欲しかった、というのはとくに女性であれば多かったりします。

優しい男性はつい、キツイ言葉を避けて、なあなあで過ごそうとしますが、それがかえって良くないんですね。

ときには怒って欲しいことだってあるんです。

「あなたを見直す」ことによる復縁のケースも多いですから、ポイントで適切に相手に思いを伝えることは復縁においてとても重要なことです。

まとめとして…最後はやっぱり心

とはいえ、もちろんですが、なんでもかんでも文句をいえばよいわけではないです。

  • 相手のことを思って言うべきこと
  • 自分のことを大事にしてほしいと思っていうべきこと

本当に言わなければならないのは、この2点を念頭に置いたことです。

それ以外の枝葉末節、つまり細かいことについては、あまり口を出さないほうが良いです。

細かいことにこだわると、復縁は難しいです。それはそもそも、恋愛や結婚も同じことです。

大事なポイントだけを抑えて、お互いを必要以上に束縛しすぎないことが、長く付き合っていく秘訣です。

色々と気にしがちなあなたも、広い心を持って対応しましょう^^

何を隠そう私も色々と細かいことが気になるタイプですけどね^^;

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク