復縁から遠ざかる、心にダメージを与える刺激とは?

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

悪い刺激を遠ざける

スポーツ選手がライバルとの対決後によく

「良い刺激になった」とおっしゃいますよね。

そうです。刺激には良いものと悪いものがあります。

悪い刺激を浴びますと、どうしても心が歪んでいってしまいます。

悪い刺激のない生活を送ることが、復縁の近道になるでしょう。

引き寄せの法則が働きます

とても爽やかで心にゆとりがある人でも、

毎日悪い刺激を浴び続ければ、いずれ心が病んでしまうことは

簡単に想像がつくかと思います。

失恋後はどうしても心が荒んでしまいますから、

何でもネガティブに考えがちで、ネガティブさが頭にあると、

ネガティブなものばかりが目に入ってくるようになります。

引き寄せの法則という言葉はお聞きになったことがあるかもしれません。

自分に似た性質のもの同士が引き寄せ合うという、目に見えない法則です。

ポジティブな気持ちでいると、

ポジティブなことが引き寄せられると言いますが、

悪い刺激にさらわれていますと、どうしても悪いことが降ってきてしまいがちです。

友人付き合いに気をつけて

では悪い刺激とは一体どういったものでしょうか。

まず身近なものでは

  • 友人同士の陰口やうわさ話
  • 罵り合い

などです。

誰かをバカにしたり、高圧的な態度を取ったり、

本人のいない時に陰口を言ったりすること。

それはなんとなくその時はスカッとしたような気になるかもしれません。

普段から気になっていた不満のはけ口を見つけたようで。

しかし、この刺激に快感を感じてしまったら、またしても同じことを繰り返します。

何度でも悪口を言いたくなり、不満をぶつけたくなったりしてしまうからです。

世の中には覚せい剤などの麻薬がありますよね。

あれは「体に悪い」と皆が分かっていることです。麻薬常習者でも分かっています。

それでも、麻薬常習者は止められません。

これはなぜでしょうか。

それは、人というのは、例えそれが悪であっても、

その快楽に染まったら、よほどの決意がなければ抜け出せないものだからです。

善悪に関わらず、人はとても快楽に弱く、

何度でも同じことを繰り返したくなるものなのです。

ですから、悪口を言う癖、人を罵る癖が付き、

それらの不満を口にすることが快感になってしまったら、

よほどの決意でなければ抜け出せなくなります。

今だったらまだ、間に合うでしょう。

テレビにも気をつけましょう

悪い刺激は身近なところだけではありません。

実はテレビも危険です。

テレビは孤独を癒やしてくれますし、ためになることもたくさんあります。

ですが、大して興味もないのにテレビばかりみていると、バカになってしまいます。

テレビは観ている人を楽しませようとあらゆる強い刺激が送っています。

それを慢性的に浴びてしまうと、刺激に慣れた体になってしまいますから、

感情の表現がうまくできない人間になってしまいます。

自分で頭を使いませんので、受動的な人間にもなってしまうでしょう。

また、政治に対して不満ばかり言っている方もいますよね。

「公務員の給料が高い」などと。

しかしこんな話もあまり真に受けないほうがいいです。

本当に政治や経済を勉強している方ならお分かりでしょうけれども、

もちろん、功罪もあるでしょうが、国のために一生懸命やられてますからね(笑)

また、公務員の給料が高いのが不満という方はとくに信用すべきではないです。

公務員の給料が上がらないと、民間の給料は上がりませんから。

労働組合は公務員の給料も参照して団交しますので。

悪い刺激に慣れないように

少し話が脱線してしまいましたが、

とにかく、悪い刺激はできるだけ受けないようにするほうが良いでしょう。

とくに、悪い刺激を受けても、それに慣れてしまうことが危険です。

慣れると、より強い刺激を求めてしまいますし、

悪い刺激だということに無自覚になってしまいます。

悪い刺激を吐き出している人とはなるべく疎遠にお付き合いするようにし、

良い刺激をくれる人とお付き合いするようにしましょう。

また「家族が悪い刺激を出してくる」という場合もあるでしょう。

その場合は、大変だとは思いますが、広い心で受け止めてあげて、

悪い刺激を返すことをなるべく避けましょう。

それも復縁に備える訓練の一つだと思って、頑張って取り組んでみてください。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク