復縁には具体的なイメージを描く必要があるってご存知でしたか?

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

やまとの復縁マインド

毎日、たくさんの方の復縁相談に乗らせていただいておりますが「復縁できました」とすぐに結果がでる方、逆に全くでない方がやっぱりいらっしゃいます。

私としても、どうしてこういった違いが出るのだろう、と頭を悩ませます。

もちろん、相手のあることですから、本人以外の要素も大きいのですが、やっぱり復縁ができる人には、行動面でもある傾向がみられる気がするのです。

そもそも、私も復縁する前と復縁したあとでは、よく「別人のよう」と言われるようになりました。

おそらく、自分の中身が何か変わってしまったのです。

自覚できている部分もあれば、自覚できていない面もありますが、復縁できた人間というのは、復縁できない方とどのようにマインドが違うのかということを、具体的に、私を例にして書いていきたいと思います。

私事で申し訳ありませんが、復縁できた人間というのはどういうマインドなのか、という多少の参考にはなるかと思いますので、ぜひお付き合い下さい。

やまとが復縁に取り組んだことで、どんな変化があったのか

私が復縁することができたのは間違いなく、小澤氏の復縁マニュアル「7つのステップでもう一度好きにさせる方法」のおかげです。

この復縁マニュアルについて詳しくはこちらから。

>>『7つのステップでもう一度好きにさせる方法』…本当に復縁できる唯一の方法論

このマニュアルの画期的な点は、何といってもワーク形式になっていますから、小学生のときに取り組んだ漢字ドリルや計算ドリルのように、問題点を記入していくだけで自分が変われるというところです。

復縁を目ざしている方にとっては絶対必須のマニュアルです。

85%以上の復縁成功率を誇りますし、バックアップも完璧です。

しかも、もし仮に最悪のケースとして復縁ができなかったとしても、完全返金保証が付いています。

ですから、あなたにとってどのような損失もありません。

復縁するための完全な後押しをしてくれますから、復縁するには正直、コレ以外ないと断言できるマニュアルといえます。

私もこのマニュアルを熟読し、書かれているワークに取り組むことで、復縁に限らず、社会的な意味でも変わりました。

やはり人格、心のあり方、考え方を大きく成長させ、レベルアップを図ることで、復縁できるマインドに切り替えていくという考え方がマニュアルにありますから、このように自分が変わることはごく当たり前のことと言えます。

仕事上においてもミスなく、リーダー的な役割を発揮できるようになり、他人との円滑なコミュニケーションと段取りで、ストレスフリーな生活ができるようになったと思います。

といっても、まだまだ未熟ですし、トラブルがないわけではありません。

そのため、このようにみなさんに復縁のアドバイスを送ったりしながら日々、精進している段階です。

しかしながら、私のこの変化は、復縁における最も大事なことだと思っておりますので、今回、このことについて書かせていただきたいと思います。

最強の復縁マニュアルについて詳しくはこちらから。

>>『7つのステップでもう一度好きにさせる方法』…本当に復縁できる唯一の方法論

人は変わることができるのか?

これも何度か書かせていただいておりますが、私自身、もともと気が弱く、甘やかされて育ち、いわゆるヘタレのまま大人になりました。

関西ではこういう弱々しい人間を「あかんたれ」と言います(笑)

こういう性格ですが半面、気の弱さが手伝ってとても内弁慶です。

内弁慶なので、身内には強く、母親や彼女には強く当たるタイプなんですね^^;

我ながらなかなかのクズです。

まあ根性もないですし、さすがに女性に暴力はもちろん振るいません。

ただ、暴言は吐いていました。

とはいえ致命的なことを言う勇気はありませんから、それでなんとか彼女も見逃してくれていたのだと思うのですが、ある日、別れを求められてしまったのです。

この時はもう、本当にみっともないほど許しを乞いました。

懇願したのです。

ですが、彼女の心は変わりません。私の元を去ってしまいます。

そして、結局、7ステップを学び、彼女が帰ってきてくれたのですが、復縁後の私の、彼女に対する態度は以前とは全く変わったと思います。

別れる前、内弁慶とはいうものの、基本的に争いごとが嫌いですので、彼女の言うことは何でもきいていました。

世間一般のDV男は、キレるまでは優しいそうですが、私も似たような面があったと思います。

何でも言うことをきいて、そしてあるとき辛くなってプッツンきてしまうわけです^^;

彼女に対しては、マッサージもしてあげましたし、ブランド小物も買いましたし、受験の送迎も、

目覚まし代わりのお目覚め電話もしました。

マニキュアも塗ってましたし、ひどいときは脱毛の手伝いもしていましたね、そういえば(笑)

私も、基本的には尽くす男ですから、やってあげることが幸せなので、何でもかんでもやっていましたね。

彼女も次第にわがままになり、無理難題が増え、私がキレる。

彼女がなだめ、また無理難題を私が頑張り、そしてまたキレる。

こう考えると結構、彼女側にも要因がありますよね。

ですが、これを彼女のせいにしてはなりません。

結局、私自身がこういう性格で、中途半端な形で彼女を甘やかしたからよくなかったのです。

そのことに気づくべきでした。

結局、こういった悪い関係に気づくことができたのは復縁後、私自身が変わってからでしたね。

行動が変わりましたから

「昔の俺だったら、こうやって関係を悪化させていたなー」

などと思い返しながら、いまの私なりの最善の行動が取れるようになりました。

良い関係を築くための絶え間ない努力が必要

変わることができた私のいまの彼女への態度ですが、彼女に対して“優しくする”というような基本的な部分は変わりません。

人が人に対して優しくするのは当たり前のことですから。

ですが、優しさというのも色々ですよね。

例えば、力がなくてペットボトルのキャップが開けられないお年寄りに対して、キャップをすぐに開けてあげるのは「おせっかい」です。

お年寄りになるべく自力でやってもらわなければ、お年寄り自身の筋力が落ちていきますし、自立心がなくなります。

どうしても難しそうなときに、声をかけてあげる方が、本当の優しさです。

私も、彼女が困っていたらすぐに助けていましたけれど、いまは「どうする? 手伝ったほうがいい?」ときくようになりました。

何か愚痴を溜めていそうなときもすぐに「大丈夫?」とは言わずに、本人が自然と話したくなるような空気にもっていくようにしています。

彼女の自主性、自立性に任せるといいますか、そういう部分が増えました。

反対に、私も彼女に甘えずに、自分のマイペースを保ちながら、困ったときや甘えたいときだけ助けを借りるようにしています。

何か話し合いをするときも、以前の私は早々に自分が折れていましたけれど、いまは客観的にみるようにし、自分の意見を通したい時は、それを主張するようにしています。

どちらかといえば、彼女からしてみれば私は「冷たくなったな」と感じるかもしれませんね(笑)

ですが、私の以前の優しさというのは“自分が嫌われたくない”から優しくしていただけだと気づきましたので、本当の優しさではないですよね。

いまはとにかく、彼女を守る。

それは、下手に手出しをせずに、見守るという意味でもあります。

私が生きていようが、死のうが、彼女が幸せであるように願う。

そして、私自身も、自分を犠牲にしすぎずに精一杯生きる、ということをよく思います。

彼女とは言い合いになることはもちろん今でもあります。

そういったとき、彼女が感情的になっていても、私はなるべく落ち着いて対応するようにしています。

ただ、落ち着いているといっても、日和見だったり、責任逃れをするような態度は取りません。

自分の問題として受け止めて、お互いに取って何が最善なのかを本気になって考えます。

自分でも多少は“大人になったな”と思うことがあります。

復縁前の私は、ただ彼女の機嫌を取り、ただ彼女を甘やかして、そして自分と彼女の関係をなあなあで、いい加減な、嘘の愛で包んでいました。

今になって私は本当に思います。

確かに私は彼女を愛していましたが、それは全く磨かれていない愛の形でした。

彼女を本当に愛する、大切にするということは、彼女だけでなく“二人の関係”を本気で、そして真剣に考えることだと思います。

その場その場を取り繕うような、上辺だけの付き合いはもうやめましょう。

本当に、本気になって、二人の関係を見つめるのです。

復縁できていないいまからでも、復縁後の生活をリアルに見つめることが重要です。

今回、お話させていただいたことを踏まえて、ぜひあなたも復縁について強くイメージしてみてください。

いままでにない、新しい関係で再びつながっていくための、何らかのヒントが思い浮かんでくるかもしれません。

最強の復縁マニュアルについて詳しくはこちらから。

>>『7つのステップでもう一度好きにさせる方法』…本当に復縁できる唯一の方法論

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク