自動的に交際相手に好かれる方法

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

目の前にいる人を大切にする

復縁までの道のりはとても厳しく思ってしまいますよね。

とくに冷却期間はどう過ごせばよいのか途方に暮れてしまうこともあるかと思います。

そういった間でも、少しでも復縁に近づきたいですよね。

では、そんなときに役立ちそうなトレーニング方法を紹介いたします。

冷却期間のうちに自分を変えたい

こんにちは、復縁アドバイザーのやまとです。

「冷却期間の間が手持ち無沙汰・・・」

私もそういう時期がありました。

私は運良く1カ月で復縁できましたが、皆さんがそうなれるわけではありません。

私は3カ月ぐらい、冷却期間を置くことを進めています。

>>冷却期間はなぜ必要なのか?

冷却期間がなければ、相手の方が「せっかく別れたのに、

すぐに復縁を迫られて気分が悪い」と思うのはもちろんのこと、

あなた自身も“フラれたときの相手に好かれないままあなた”から

変わっていませんから、関係が改善される見込みがたちません。

“生まれ変わる”とまでいかなくても、

せめて相手の中にあるあなたの嫌な部分を払拭し、

そして少しでも相手の望むようなあなたになっておきたいところです。

そのための冷却期間ですから。

いま目の前にいる人を大切にできるかどうか

しかしながら、先にも述べましたように、そう簡単にいかないのは確かです。

そこで冷却期間中に簡単にできる

“自動的に交際相手に好かれる方法”を試していきましょう。

そんな魔法のような方法があるのか? 

と思われるかもしれませんが、とてもシンプルな方法です。

それは“いま目の前にいる人を大切にする”ことです。

「なんだ、そんなことか」

そう思われるかもしれませんが、これが意外に難しいものです。

最も身近なのは、親ですよね。

親に対して、我々はどのようなことができていますでしょうか。

仮にも産んでもらっていますからね。

父と母が私をつくってくれていなかったら、私はいないわけですから。

失恋したいまは「こんな辛い思いをするぐらいなら、

産まれてこなければよかった」とさえ思われるかもしれませんが、

しっかり取り組めばいずれ復縁できるのですから、そう悲観的にならないことです。

親孝行ってかなり難しいですよ。

私の友人は、親が離婚して、母親に育てられましたが、

その母も、彼が大学生のころに亡くしました。

末期がんでしたから、トイレの介助までされて

「最後にできる親孝行」と頑張っていました。

このような覚悟をもった取り組みはなかなかできることではありません。

彼自身は高校生のころまでかなりやんちゃで、

どちらかといえば母親に心配をかけていたほうですから

「何であんなに母親に迷惑をかけてしまったのだろう」と激しく後悔されていました。

私も祖父が今際の際ということが分かって

やっと祖父孝行をはじめたものですから

「何で元気なうちにもっと会っておかなかったのだろう」とひどく後悔したものです。

だからというわけではないですが、

いまいる目の前の人のことを大切にされることはとても大事だと思います。

目の前の人、ひとりひとりを大事にしていくことが、

自分の心の垢を落とし、自分の心を丸くしていくと思うんですね。

親や友達を復縁の練習台のつもりで(笑)

私は復縁には人間性の成長が欠かせないと思っていますし

実際、復縁された方はそれを実感されています。

そういった人間性の訓練には、

    1. 目の前の人に優しい言葉をかけてあげること
    2. 目の前にいる人に対して、できることをしてあげること
    3. あるいは手を貸さずに静かに見守っているべきこと
    4. むやみに怒鳴ったりしないこと

そういったこと一つ一つが復縁に向けた練習になると思います。

こういう言い方は良くないかもしれませんが、

例えば親や友達を練習台にして、大切にする訓練にすれば良いと思うんです(笑)

親や友達なら仮に失敗して、怒ってしまったりしたっていいわけですから。

本番の交際相手のときにしっかりできるように、

それに備えるつもりでトライしてみれば良いのではないでしょうか。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク