Warning: include_once(/home/inthedust/lovers-train.com/public_html/wp-content/plugins/easy-table-of-contents/easy-table-of-contents.php): failed to open stream: Permission denied in /home/inthedust/lovers-train.com/public_html/wp-settings.php on line 418

Warning: include_once(): Failed opening '/home/inthedust/lovers-train.com/public_html/wp-content/plugins/easy-table-of-contents/easy-table-of-contents.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.0.33-webp/data/pear') in /home/inthedust/lovers-train.com/public_html/wp-settings.php on line 418
復縁のきっかけをつくるための会話テクニック〜口下手でも心を開いてくれるトーク方法とは? | 復縁する方法は実は簡単!ー復縁のABC

復縁のきっかけをつくるための会話テクニック〜口下手でも心を開いてくれるトーク方法とは?

「元カノとは職場で毎日顔を合わせるものの、復縁しようにも、元カノに何て話しかけて良いのか分かりません!」というご相談をいただきました。

ありがとうございます。

 

確かに、話しかけるきっかけと言いますが、言葉のチョイスであったり、テンション、語り口をどうすれば良いのだろう? と悩まれるお気持ちはよく分かります。

 

今回は、そういった方への解決法について語っていきたいと思います。

 

復縁のトーク力は、お年寄りの会話力から学べる

ところで先日、あるメルマガを読んでいましたら、とても良いことが書かれてありました。

「お年寄りに突然声をかけられたら、つい、返事をしてしまいませんか?」と。

 

なるほどなるほど!

私のみならず、あなたにも経験があるのではないでしょうか。

 

例えば、ベンチに座っていると、横に座っていたおばあさんが、いきなり「ええ天気やねえ」と声をかけてきて、思わず「本当ですねー! ポカポカしていますね」などと、答えてしまう。

たとえコミュ障の人でも、つい、にっこり応じてしまう、お年寄り特有の、無視できない雰囲気というか、パワー笑

 

先日なんか、私がバスに乗っていて、イヤホンをして音楽を聴きながらスマホをいじっていたのですが、それでも見知らぬおじいさんが道を尋ねてきました(笑)

いやー、すごいですね笑

このお年寄りの共感させようとする強制力というか、強さ。

 

これって、復縁にも通じる技術なんですよね。

 

心の壁を、どう乗り越えるかが復縁トークの仮題

「やまとは一体、何を言い出すんだ? 何がお年寄りのトーク力だ? 頭がへんになったんじゃないのか?」と思われたのかもしれませんが、お読み頂いたら意味が伝わるかと思いますので、もう少しお付き合い下さい。

 

復縁って、ようは一度は疎遠になった関係を再構築するものですよね。

一度は離れた関係をもう一度繋げるわけですから、そのためには出来てしまった壁を、取り除く作業が必要なわけです。

 

しかし、あなたもご経験があると思いますが、メールにしろ電話にしろ、もう元彼(元カノ)とは、元の関係ではないですから、何か会話にも壁を感じるわけです。

 

今までと露骨に違って冷たくなっていることもありますし、そうではなく、親しげにしてくれていたとしても、壁がある気がします。

この壁をどう乗り越えるか、は、重要な課題です。

 

しつこい謝罪や感謝は、相手との心の壁を厚くしてしまう

だいたい、こういうとき皆さん、反省しているとか、感謝しているとかを元彼(元カノ)に伝えて、壁を越えようとします。

悪く言えば元彼(元カノ)に取り入ろうとするわけです。気に入ってもらおうと。

 

しかし、この作戦は失敗します。

 

結局、取り入ろうとしたり、気に入ってもらおうとした時点で、あなた自身が自ら壁を認めてしまっているのです。

あなた自身が元彼(元カノ)に対して壁を感じているから、謝罪したり感謝したりし始めるわけです。そして結果的に、その壁を頑強にしてしまっているのです。

 

お年寄りのトーク力はすごい! 学ぶことは多い!

私がお年寄りの会話力に感じるのは、こういった壁をすり抜ける柔らかさです。

現代ではとくにそうですが、知らない人同士、会話をしません。

知らない人同士でいきなり会話をするのは不自然だからです。

しかし、お年寄りはそんなことを考えません。

 

可愛い赤ちゃんが電車に乗ってきたら「ボクちゃんは何歳?」と、ニコニコ話しかけます。

こういったとき、相手のお母さんは戸惑っていたりします。急に話しかけられるものだから、びっくりするんです。

でも、お年寄りの共感強制力には勝てない。

「まだ1歳なんで、話せないんですよ〜♪」などと、子供の代わりに答えたりします。

 

私が話しかけられた時だってそうです。

急に話しかけられて、ちょっとびっくりしました。

ただ、急に話しかけられたからといって、不愉快にはなりません。むしろ、何か良い気持ちになったなーと、心がほっこりします。

 

あなただってきっと、そうでしょう。

「なんだこのババア?急に話しかけてきて」と一瞬、思ったとしても、やっぱりほっこりするはずです。

これって、すごい技術ですよ!

 

子供だってそうですよ。

電車の中で、知らない子供に話しかけられたら、つい応えてしまいます。

「これなあにー?」とかいう感じで、いきなり話しかけてきたりするじゃないですか(笑)

 

お年寄りのトーク力のポイント

ここまで読まれて、ポイントは掴まれたのではないでしょうか?

 

1、自然な声かけであること

純粋無垢な、何の裏もない、ただ自然な声かけですよね。
この自然な声かけだと、人はついつい、反応してしまう。

これは一つのポイントです。

 

2、強制力があること

そしてもう一つは、強制力があること。

相手のことは御構い無しで話しかけてくる、堂々とした態度と雰囲気です。

話しかけたんだから、応えるのは当たり前だよ、と言わんばかりの空気感で話しかけてくるということです。

 

どうですか、あなたもこの記事の冒頭で私が「お年寄りが〜」と説明し始めた時、「やまとは一体、何の話を始めたんだ?」と思われたかもしれません(笑)

しかし、ここまで読み進められて、ようやく理解して頂けたのではないでしょうか。

 

「そうか! お年寄りや子供の何気ないお喋りだけど、このようにして復縁にも生かせるのだな」と思って頂けたのではないかなと思います。

 

面白いですよね。奥深いんです。

とはいえ重要なのは、どうやってこの雰囲気を出すか、ですよね。

 

大事なのは、相手に反応してもらうためのきっかけをつくること

ここまでのおさらいとしまして、

自然で、かつ、強制力のある声かけ。

これができれば、復縁は近づくと説明してきました。

 

なぜなら、復縁は、相手に返事をもらってこそ意味があります。

あなたがいくら反省していたって、いくら感謝していたって、いくら会いたいと思っていたって、元彼(元カノ)がそのあなたの言葉に響かなければ、何の意味もないのです。
悲しいですが、そういうものなんですね。

ですから、こういった、ついつい返事をしてしまう声かけというのは、是が非でも学ぶべきポイントなわけです。

 

では、どうすればお年寄りのように自然に、そして強制力のあるトークができるのでしょうか。

 

これには、意外なコツがあるんです。

 

口下手でも実践できる会話テクニック

それは、

「独り言を言うように、相手に話しかける」

というテクニックです。

 

「はあ? 何それ? そんなこと、意味があるの?」と思われるかもしれません。

ところがこれは実に有効で簡単なテクニックなんですよね。

 

思い出してみて下さい。

あなたが親しい友人と話していたり,家族と話しているとき、あなたは会話を組み立てて話していますか? 

公式の場ではしっかりしゃべっていても、親しい仲だと、適当に話していますよね。

 

日本人の会話って、前半部分を聞き流しても、後半部分を聞いていたら、何とかなるそうなんです。

 

例えば、

「駅前にミスタードーナツができたけど、行ってみた?」

と、友達に話したとします。

 

日本人の脳の構造だと、この友達はきっと後半の「行ってみた?」をしっかりと聞いており、前半のくだりは、あまり聞いていません。

でも、「ミスタードーナツ」と何となく聞こえたので「ミスドでしょ? 行ったよ」と答えることができます。

 

逆に、英語は前半部分が大事です。

「私は、ラーメンに食べに行きたい」を英語にすると「I want to go eat ramen」ですが、前半部分の「want to」を聞いていないと、何をしたいのか分かりません。

日本語とは逆で、前半を聞き逃せないわけです。

その意味で日本人は、会話の後半に集中する脳の構造になってしまっているので、英語が苦手だという説もあるそうです。

 

ちょっと余談にそれましたが、要は日本人の会話は、極端な話、前半はすっ飛ばして、後半だけしっかり聞けば何とかなるわけです。

 

お年寄りから学んだ会話テクニック 実践編

仕組みを説明しますと、要は前半は独り言ですから「今日は天気がいいな」などと適当に独り言のように話すわけです。

そしてそのままの流れで「そういえば○○(元彼、元カノ)って今日は早番?」みたいな感じで、わりと自然に話しかけることができます。

 

これって、老人の会話術と同じです。

お気づきかどうかわかりませんが、初めに、独り言のようにつぶやきながら話しているんですよ、ご老人って!

 

私はこれを見抜きまして(笑)

「そうか、初めに独り言のように話し始めて、そのまま会話につなげれば自然に話せるのだな!」ということに気づきました。

 

「そんなバカな?」

「そんなこと、効果があるわけないよ!」

と思われるかもしれませんが、騙されたと思ってやってみてください(笑)

 

もちろん、顔は相手に向かって話しかけるわけです。ただ、話し方を独り言のようにするんです。

 

たとえば、、、

あなた「そういや今日って、仕事が19時で終わるんだったな」←相手を何となく見ながらも、聞いてもらうんでもなく、何となくつぶやいてみる。

↓そして・・・

あなた「19時に終わると言えば、今日の夜のドラマ見る?」←発声をはっきりさせて、ちゃんと相手に話しかける。

 

と、こんな風に2段階の話しかけ方をすることで、相手は自然に心をオープンにしてくれます。

 

相手はちょっと戸惑うかもしれませんが、

  1. 独り言なのか判断つかないところから、いきなり話しかけられた驚き
  2. 流れが自然なので、ついつい応えてしまう

という、まさにご老人の会話テクを生かした声かけができるわけです(笑)

 

「そんなバカな!」と、まだ疑っていらっしゃる方は、ぜひぜひ試してみてください^^

私はビジネスでも、知らない人に話しかけるときはこれをやっています。

お勧めですよ〜!