冷却期間が必要なケースとは? 裏目に出ないためのアプローチについて

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

冷却期間の待ち方

サイトの閲覧者さんから、定期的に頂戴するご質問が「冷却期間を置くべきかどうか」についてです。

これはおこたえが難しいところですね。

やっぱりケース・バイ・ケースですから、その方の出会いや別れの背景を完全に把握しているわけではないですから、間違ったアドバイスをして台無しになってしまったら大変ですからね^^;

だから責任重大なので、いつも悩んでしまいますね。

ただ、これにはいくつかの指針はあるんです。

こういう場合は、冷却期間を置いた方がよい、こういう場合は置かなくてもよいのではないか、といったことですね。

今回、それについて書いていきたいと思います。

冷却期間を置きたくないのは皆、同じです

基本的には、冷却期間をどうしても置きたくないと考えがちですよね。

やっぱり、フラれた側としては、フラれた心の辛さというか、心の傷がありますから。

その心の隙間をどうしても早く埋めたいという気持ちになります。

寂しさというか、心の空白があると気持ちが不安定になってきます。

復縁したいという気持ちがどうでもよくなったとき、どうすれば良い? 復縁を本気で考えよう!

↑この記事で「失恋のショックによる混乱」について、下記のように書かせていただきました。

そしてまた、この混乱は、恋人を失うことによる混乱ではあるのですが、その気持ちは「恋人を失う」ということに対するものであると同時に「失うことによる自分自身の自信喪失」も大きなウエートを占めています。

つまり、恋人にフラれるということは、相手を失うということであると同時に、自分が人に見捨てられ、自信を失わされることでもあるのです。

どういうことかというと、フラれた直後は「自分が楽になりたい。自信を取り戻したい」と思ってしまうばかりに、恋人の気持ちをないがしろにして突っ走ってしまいがちなんですよね。

そんな気持ちの状態で再度アプローチをしても、良いことはまずないです。

  • 「お前は自分のことしか考えていない」
  • 「私の気持ちを分かろうとしてくれていない」

おそらく、だいたいはこのような言葉で突っぱねられることでしょう。

フラれてしまう理由のうち、多くはやはり「相手の気持ちを軽視してしまった」ことにありますから、ここでまた自己中心的な行動を取ってしまっては、駄目押し状態になってしまいます。

ですから、冷却期間を置くことで、相手よりもまず、自分の心を整理すること。

これをまず私はオススメしています。

こちらの記事でも、そういったことを書かせていただいておりますので、ぜひご参照ください。

どのくらい冷却期間を置けばいいのか?

冷却期間を置かなくても良いと思われるケース

冷却期間を置くとき

とはいべ、必ずしも冷却期間を置かなければならない、というわけではありません。

冷却期間を置かなくても良いパターンというものも中にはあります。

鉄は熱いうちに打て、ではないですが、早いタイミングで仕掛けた方が良い場合もあるのです。

それはどういった場合か、と言いますと、これも以前にも書かせていただいたことがありますが、

  • 相手が怒っている
  • 落ち込んでいる

といったような、感情に起伏が見られるような状況の場合です。

このように感情にブレがみられる場合には、早めに仕掛けても大丈夫な場合が多いです。

なぜなら、感情があるということはまだ、あなたに関心があるということでもあるからです。

たとえ「嫌い」だという感情だとしても、強い感情を持っている限り、相手に関心があるということです。

人の心は複雑ですから、この「嫌い」は好きになることだってあります。

私の知り合いで、「好きになる人の第1印象はいつも最悪」だという人がいます。

「いつもいつも、この人は嫌いだって思っていたはずなのに」好きになってしまう人もいるのです。

ですから、たとえ「嫌い」であっても、その感情がどう変わるかなんてわかりません。

その気持ちが良い風に転がることだって不思議ではないのです。

なので、ムカっとする気持ちだろうと気持ちが「ある」ということは、それだけで良いことなのです。

そのため、相手が感情をあらわにしている時は、冷却期間を置くとしても一時的で良いかもしれません。

その見分け方ですが「相手がやり取りをしてくれそうか?」ということで判断しましょう。

  • メールをしても普通に返事が返ってきそうなとき
  • 返事を返してこないとしても、必ず見てくれているという感覚があるとき
  • 電話をしたら、とりあえず出てくれるとき
  • 電話に出てくれないけれども、着信拒否はしておらず、手応えがあるような気がするとき

こういった場合であれば、その後のやりとりで改善する可能性は十分にありますので、早期の解決策を探っていくのはアリだと思います。

場合によっては、時間が経つことで相手が不愉快な気分をもち、状況を悪化させる可能性もありますから。

冷却期間をしっかり置いた方が良いケースは?

逆に、好きの反対は嫌いではなく無関心と言われるように、あなたに対して関心が失せているとき、単に嫌悪感を持たれてしまっているときが危険なのです。

関心があるなら、その関心から切り口が見いだせますが、関心が無くなってしまっている場合は、攻めようがないんですよね。

例えば「ごめん、許してくれ」とメールを送ったときに「許さないから」とか返ってくればいいですけど、関心がなくなってしまったらもう、何も反応が返ってきませんからね^^;

この状態ではメールしようが電話をしようが、暖簾に腕押し状態で、返事はなしのつぶてとなってしまうことでしょう。

冷却期間がもたらす2つの効果

冷却期間を置くことで、懐かしさを持ってもらう

ですから、こういった状況にある場合は、1〜3ヶ月程度の冷却期間をつくることが大事です。そして次の二つの効果を狙います。

  1. 無関心のきっかけとなった不愉快な気持ちを消し去る
  2. あなたに対する懐かしさをもってもらう

1については、先に述べたとおりです。

で、2なんですが、これが重要になるわけですね。

いくら喧嘩別れをしたとしても、そういう怒りや不満の気持ちって長続きしないんですよね。

あなたも過去の恋愛を思い返してみてほしいですが、どんなキツイ破局を迎えていても、思い出ってわりと良いことばかり残っていませんか?

思い出はいつも綺麗なものなんですよ^^

ですから、冷却期間を置くことで、そういった思い出・懐かしさ効果を狙うわけです。

冷却期間はただ、相手のほとぼりを覚ます効果を狙うだけではなく、懐かしさを感じてもらうことを狙うのです。

となると、その懐かしさを誘うようなアイテムを一緒に使っていくと良いことがわかりますよね。

思い出のマフラーなどの小物や、思い出の場所、思い出のイベントといったもので、イメージを喚起させて、より一層懐かしい気持ちを持ってもらえれば、冷却期間の効果を大きく発揮することができるでしょう^^

冷却期間の基本は、自分の中を見直すこと

ただし、どちらの場合にせよ、重要なのは「あなた自身が変わること」です。

自分自身がいままでのままであれば、いくらアプローチしても「変わっていないな」と思われるだけですし、もし復縁できたとしても、すぐにまた別れがやってきます。

私も以前はよく、復縁メールの代筆をやっていたのですが、それで復縁できても、結局またダメになってしまうケースが多かったんですよね^^;

そんなことが続いたので、代筆はいまは控えていますが(一部、まだ頼まれてやっていますけどね^^;)。

ですので、冷却期間を置くにせよ、置かない場合にせよ、ご自身のあり方、考え方についてはよくよく気をつけてみてください。

お悩みの方は、よければお手伝いいたしますので、どうぞ下記のメール講座をご受講ください^^

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク