相手の顔色をうかがいすぎるタイプの復縁方法

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

尽くしがちな人は注意

尽くしがちな人は窮屈に生きてきましたよね、顔色を伺って(笑)

私がそういうタイプですので、フラレないように尽くしてきたのに、

フラれたときはやはり悲しかったですね。

尽くしがちな人は、不満がパンクもしやすいです。

私も完全にパンクしてしまいました。

ですから、復縁に備えて、尽くしすぎる性格を改善していきましょう。

さて、どうやって取り組んでいきましょうか。それが今回のテーマです。

尽くしすぎて自分を見失う

以前、尽くすタイプはフラれやすいという話をさせていただきました。

>>尽くすタイプはなぜ振られやすいのか?

尽くすタイプというのは、自分を犠牲にしがちで、

自分を犠牲にすることで、“相手に必要とされている”と

信じることができ、満足感を得ることができます。

しかし、あまりに尽くしすぎると問題が発生します。

    1. 相手から軽視される。 尽くしてくれるわけですから、相手はどんどんわがままになり、王様のように振る舞うようになります。
    2. 相手がうっとうしく思う。 限度をわきまえて尽くしているうちは、まだ良好な関係かもしれませんが、次第にあなたをお父さんかお母さんのように感じるようになり、なんだか面倒くさい存在になり始めてしまいます。
    3. あなた自身、相手からの見返りを求めるようになる。

あなたのことを軽視するようになったり、

面倒に感じはじめたら、別れのサインです。

せっかく尽くしてきたにもかかわらず、フラれてしまうわけですね。

尽くすタイプというのは往々にして、

自信のなさを行動に変えているわけですから、自分を低く見がちです。

相手にとってあなたが、自信のない、釣り合わない人物に見えてしまうのです。

従って、あなたはすぐにも自信を取り戻し、

過剰な尽くし癖から脱却しなければなりません。

尽くし癖から脱却し、自立することが復縁の近道です。

自信を取り戻すためにも、

まずはあなたは自分を大切に扱うことから始めてみましょう。

大好きな趣味の時間を大切にする

交際期間中は、どうしても趣味にかける時間が減ってしまいがちですよね。

交際相手優先になってしまって、あまり好きなことができなくなってしまいます。

失恋中に趣味に打ち込むのは、気晴らしになる半面、

なんだか交際相手との関係が遠ざかってしまいそうな恐怖も

お感じになるかと思います。

しかし、正直にいって、尽くし癖のある人は、

過剰なまでに相手のことを意識しがちです。

ゼロか100か、という極端なところがあると思います。

ですから、心の中に占める相手の割合を減らす努力をし、

相手中心に生きてきた人生を、自分の元に取り戻しましょう。

私自身の思い出ですが昔、流行っていた『黒夢』というパンクバンドがあるんですね。

再結成されましたし、ご存じの方も多いでしょう。

こんな感じの方々です↓

これを彼女がどうも嫌いだったらしく、聴かせてもらえませんでした(笑)

ですから、別れた瞬間に、速攻で聴き始めましたね(笑)

恨みじゃないですけど、我慢から開放されたとでもいうべきか、

かなりストレスを発散しましたね。また、岩盤浴にも行きました。

彼女がそういうところに行きたがらないので我慢していましたが、

これも開放された気分で行きましたね。

不思議と、復縁した今では、

黒夢を普通に聴いたり、岩盤浴に行くことが許されました(笑)

思うに、やはり何らかの抑圧は精神的なストレスがかかりますから、

それがふつふつと心のどこかで不満へと変わっていってしまうのだと思います。

そして、ありのままの自分を恐れないことですね。

黒夢や岩盤浴を我慢せず、自分らしくあることを

彼女(彼氏)にも受け入れてもらうことです。

もちろん、あまりにも突飛なものでしたら

受け入れられるまでに時間がかかるでしょうが、

やましいことがなければ堂々としていることが大事だと思います。

尽くしがちな人ってどうしても遠慮しがちですから、

その遠慮の壁を少し取り払って、自由な羽を広げられるようにしていきましょう。

自由になったあなたは、魅力が一層増しますから、

元カレ(元カノ)に会った際にはきっと、相手を驚かすことになると思います。

復縁したい
復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

icloudメール、hotmailは登録エラーになりやすいので、それ以外のメールでご登録ください。

  • メールアドレス
  • お名前(ニックネーム可)

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク