デキる女は振られやすい? そんなあなたに勧めたい2つの対策

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

出来る女の復縁法

自分の意見、考えをしっかり持っている女性の方は、

その力をうまく使わなければ、男性は復縁に尻込みしてしまいます。

もちろん、男女は平等であり、家事なども平等に分担すべきだと思います。

私は女性経営者の知り合いが多いのですが、

男性が主夫だという方もいますし、

家事も仕事もご自身が中心だという女性経営者の方もいらっしゃいます。

つまり私は、女性の社会進出を否定したり、

女性は劣っているとかそういったことを申したいわけではありません。

ただ事実として、やはり論理的な思考が上手で、

精神的も強い女性に対しては

男性は自分のコンプレックスが突き動かされて、

不安になってしまいがちだということです。

ですから、自分の意見を強く持っておられる方、

キャリアウーマンの方など、

意思や気持ちが強い女性がフラれる原因というのは、

やはりその強さにあると思うのです。

男性はかなり繊細な生き物です

男性は総じてメンタルが弱いですから、

厳しいことを言われたり、正論で追い詰められると、

その場から逃げたくなってしまいます。

たとえば、ヤンキーのようなオラオラファッションに身を包んでいる男性。

彼らも自分の心が弱いから、ファッションという鎧をまとうのです。

また、暴力を振るったり、暴言を吐く男性にも心の弱さがあります。

自分に自信が無く、力を誇示しようとしてDVをするのです。

お腹が弱い男性も多いですよね(私もそうです^^;)

男性は基本的にメンタルが弱いです。

こういうメンタルの弱い男性に対して、

女性もつい「頼りない」「器が小さい」

といった言葉を持ち出してしまうようです。

これでますます男性は自信をなくすわけですね。

男女のパワーバランス

また、男女関係は、片方が強くなると、片方が弱くなる性質があります。

お互いの関係でバランスを取ろうとする性質がありますので、

片方がAの方向に行き過ぎると、相方は反対の方に行こうとする性質があります。

同じ理屈で、例えば男性の立場が強くなりすぎましても、

多くの女性も強いですから、それに逆らうことができます。

女性も交際を続けるうちにだんだん図太くなってきますので^^;

やはり口喧嘩ではどうしても女性が強いですから、

その結果、男性が恫喝や暴力などのDVに走る場合もあるでしょう。

一方で、女性が強すぎる場合は、男性はもう勝てなくなります。

何とか勝とうと画策しますが、なかなか上回ることができないんですよね。

かかあ天下のカップルが世の中には多いですよね。

そんな場合、男性は女性に対して嫌気がさし、

別れてしまいたくなるわけです。

やはり物事にはバランスが大事ですから、

あまりにも完璧な女性が相手の場合、

同じように釣り合う関係でなければ、と

男性も思ってしまいます。

それがコンプレックスとなり、

別れのきっかけとなってしまうようです。

男性を支えてあげてください

「じゃあどうすればいいの?」と

思われるかもしれません。

一つは、男性を立てること、です。

もう一つは、男性側に強くなってもらうこと、です。

この二つに一つかと思います。

男性を立てる、というといかにも男尊女卑なイメージがありますが、

逆に、意思が強いタイプの女性の場合は、

これまで男性側が立ててくれていたと思いますよ。

そのことに気づく必要があると思います。

どうしても「彼はできない男」「ドジな男」などと

思い込んでしまい、内心では多少バカにしていた面もあるかもしれません。

しかし、そんな彼を選んでいたのはあなたですし、

そして彼自身も、決して何もかもダメなタイプではないはずです。

やはりその辺りを理解し、相手に敬意を払い、

立てるべきところで立ててあげた方が良いといえるのではないでしょうか。

「別れてしまったいまでは、もう遅い」

と思われるかもしれませんが、

いままで強かったあなたが、相手への敬意を取り戻して、

尊敬する気持ちをメールで綴ったりすれば、

相手の心を打つ可能性は十分にあると思います。

そしてもう一つ、

男性に強くなってもらうことですが、

これはつまり“育てる”ということだと思います。

別れてしまっている今であっても、育てるチャンスはあります。

何か質の良い仕事を紹介したり、

スキルアップの訓練を勧めたりして、

うまく舵取りすることができれば、

直接「復縁したい」というアプローチしなくても、

復縁の芽が出るのではないかと思います。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク