【熊本地震】元彼・元カノへの安否確認の連絡メール(LINE)の送り方

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

熊本地震における元彼・元カノへの安否確認メールの送り方

元カノ・元カレが九州、それも熊本地震での被害が大きい地域に住んでいるという方から、多数の相談を頂いております。

主だったものは「今、冷却期間を置いているが、心配なので元彼・元カノに連絡しても良いでしょうか」あるいは「連絡してしまいました。大丈夫でしょうか」といったものです。

個別にお応えしていましたが、かなり内容が重複していますので、こちらで回答をさせて頂きます。

冷却期間中に、連絡すべきかどうか

こんにちは。復縁アドバイザーのやまとです。

このほど、4月14日に熊本地震が発生しました。

被災された方には心からお見舞い申し上げます。

少しでも早く、復興できることをお祈り申し上げます。

さて、この地震によって、元彼・元カノが被害の大きい地域にいるという方から、数多くご連絡を頂いております。

やっぱり、どうしても心配ですし、怖くなってしまって、つい連絡してしまうと思います。

また、もし無事で過ごしていてくれたら、これをきっかけに、何か縁がまた結べたら良いな、と思われる方も多いです。

そう思われることも、実に自然なことだと思います。

で、質問でやはりとくに多いのが

「冷却期間を設けており、しばらく連絡していなかったのですが、あまりにも心配なので連絡してしまいました。私の判断は正しかったでしょうか?」

といったものです。

これはもう、気持ちの問題ですから、我慢できずに送ってしまうことは仕方のないことではないでしょうか。

私がここで「我慢しなさい」と言ってしまったら、それはもう人としてどうでしょうか、というレベルだと思いますし。。

しかし、難しいところですね。

私の感覚としては、このタイミングで連絡して、うまくいくケースはあまりありませんね。

実際、地震が起きてから元彼・元カノに連絡された方の多くから

「返事が来ません」

「冷たい返事です」

というような、撃沈のご連絡を頂いております。

まあ、このような連絡があっても、諦めるのは早計ではありますが、マイナスポイントにはなってしまいますよね。

なぜこのようなことになってしまうのでしょうか?

誕生日メールでも同じ傾向がみられます

誕生日メールの送り方の記事で書かせていただきましたが、

誕生日メールの正しい送り方

誕生日メールの場合、誕生日の当日におめでとうメールを送ることを、私は推奨していません。

なぜなら「誕生日に便乗して、復縁に結びつけようとしているのでは!?」という印象を相手に持たれてしまうからです。

ですから、誕生日から数日経ったあとで、誕生日メールを送ることを勧めています。

これにはいくつかの効果があります。

まず、誕生日メールは、いろいろな人からもらいますよね。最近ではフェイスブック経由でたくさんの誕生日祝いが来たりします。

従って、元彼・元カノにとって、誕生日というのは、慌ただしい日なわけです。

ですから、その慌ただしい中であなたが連絡しても、その慌ただしさの中で忙殺されてしまうわけです。

しかも、あなたは元彼・元カノという立場ですから、相手にするにはやや重い対象になってしまいます。

そのため、どうしてもあなたへの対応は後回しになってしまい、面倒に感じてしまいがちなのです。

これを防ぐことが、第一の目的です。

次に、日にちをずらすことで、ちょっとしたサプライズになるということです。

誕生日は先のように忙殺されていますから、ちょっと日にちを遅らせて連絡して「そういえば、誕生日だったよね」ぐらいのほうが、重くないですし、相手としても「あっ覚えていてくれたんだ」となりやすいのです。

誕生日当日だったら、いかにも「狙っていました。これに便乗して復縁にかこつけたいです」という感じが出すぎてしまうのです。

ですから「そういえば」ぐらいの方が、重くなくて良いわけですし、元彼・元カノとしても、誕生日騒ぎから落ち着いてきたことで、気持ちも整理されていますから「連絡してみようかな」と考えやすいのです。

「さりげなさ」というのは実に重要な要素です。

たとえば、人に親切な行為をするときでも「あなたが咳をしているから、飴を持ってきてあげましたよ」と言って渡すよりも、さりげなく飴を渡してあげるほうが、心にキュンと来るのです。

いちいち説明したりすると、恩着せがましさ、自己主張の強さを相手は感じてしまいます。

有言実行ではなく、不言実行。

さりげなくドアを開けてあげる。

さりげなくお茶を持ってきてあげる。

このような自己主張のない優しさこそ、信用されるのです。

誕生日当日にいかにもわざとらしく「おめでとう」と言ったところで、こちらの意図は見透かされてしまい「復縁狙いだな」と思われてしまうのです。

これと似たことが、今回の地震の安否メールでも起こってしまいます。

地震に便乗した復縁狙い、と思われないように

あなたは本当に、相手のことが心配で連絡したわけですが、相手には「地震に便乗した復縁要請」と捉えられかねないのです。

ですから、どうしてもマイナス評価となってしまいます。

相手には「ありがた迷惑」と感じられてしまうわけです。

これは辛いですよね。

じゃあ、どうすれば良いのか?

ということになってくると思います。

正直に申し上げて“安否を確認したい”という感情は、あなたのエゴなわけです。

「安否を確認して、安心したい」という感情なわけです。

実際に恋人関係として成立していたり、親戚である場合は「お互いに助け合う関係」ということを互いに認識していますから、それは“情報交換”になるわけです。

しかし、縁が切れてしまっているあなたが連絡するのは、あなたの望みでしかないわけです。

相手にとっての望みではないわけです。

にもかかわらず「大丈夫でしたか?」というように、相手から返事を求めるような内容の連絡をしてしまっては、相手の気持ちとしては“気が重い”行為になるのです。

相手に、望まれているわけではありませんから。

では一体、どうすれば良いのか。

基本的にはやはり、多少、落ち着いたころに連絡するということでしょう。

もちろん、安否が不明ということですから、気がかりでしょうけれども、すぐに連絡しても、良い返事はないと思います。

そして重要なのは「大丈夫ですか?」ということよりも「何か必要な物はないか」「できることはないか?」「知り合いとは連絡を取れていますか?」というスタンスです。

「大丈夫ですか」

という質問は、意外に思われるかもしれませんが、あまり良い印象を与えません。

自分自身が無事でも、環境が大丈夫なわけがないですから。

仲の良い相手であれば、良い言葉として受け取られますが、関係の薄い相手に「大丈夫ですか」と言われても「それを聞いてどうするの?」と思われる場合があります。

ですから、あなたがすべきことは、もっと相手が望んでいるもの、やって欲しいと思っているであろうことを、想像して動くということです。

あなたは、元彼・元カノを慰めたりする立場ではありません。

「私の言葉で、少しでも気持ちが安らげば」などと思うことはエゴに過ぎません。

相手は、そんなことを少しも望んでいませんから。

ですから、あなたが相手の信頼を勝ち取るには、行動あるのみです。

自分ができること、相手が必要としていそうなことを想像して、動くことです。

「そうは言われても、物資を車で持っていけるわけではありませんし」

と思われるかもしれません。

何も物資を送れと申し上げているのではないのです。

必要な行為は、感情面ではなく、実需面での救いをしていく気持ちがありますよ、ということを相手に伝えるということです。

感情面から訴えますと、どうしても「復縁狙い」と思われてしまいますので。

ですから、実需面でのアプローチとしては、

「何か必要なもの、困っていることがあったらいつでも助けになるよ」

という言葉であったり、いま求めていそうな情報を提供するということになります。

大丈夫だった? というような言葉よりも、そういった行動の方が、はるかに相手の心を打つのです。

そして実は、これは何も、地震のときなどに限ったことではありません。

普段の生活においても、相手に愛されようとすることよりも、実施に役立つ行動を取ろうとするほうが、相手の心に入って行きやすいのです。

何かできることを探していきましょう。

私も、出来る限りそうしていく考えです。

被災地に平和を。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク