草食系男子を攻略する方法

スポンサーリンク




 

「無料メール講座」のご案内

 

よくある「当たり障りないアドバイス」とはかなりかけ離れた、ガチな復縁方法を手に入れませんか?

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

復縁に1人で取り組み不安な方、お辛いお気持ちをお察し致します。このような悩みをお持ちの方でも、実際に復縁できたアドバイスをお届けします。ぜひご参加下さい^^

復縁を成功させ、幸せな未来を築きましょう!!

いまご登録いただくと、無料レポート「復縁計画・作成シート」を参加特典としてプレゼントしています

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






※お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございません。

 

Pocket

草食系男子対策

最近は草食系男子が増えました。

草食系男子は積極的ではありませんし、口数も多くないので、

女性側としても気持ちをとらえることが難しいようです。

フラれた女性側も「何が悪かったから別れてしまったのか」

ということがいまいちよく分からなくなってしまうようですね。

今回はそのナゾな草食系男子を分析していきましょう。

草食系が増えつつある日本

草食系男子の元彼の考えていることが分からない。

そうご相談メールをいただきました。

私もよく見た目は草食系だと言われるのですが、

所詮、見た目だけで、中身は暑苦しいと言われてしまいます(笑)

暑苦しいとはなかなか心外ですが、

私自身、草食系男子ではないと自分でも思いますので、

草食系男子が何を考えているかは100%わかるわけではありません。

しかし友人には、草食系が多いです。

世の中の草食系比率はかなり高まっているといえるでしょうね。

この友人への質問などからかき集めた

草食系男子の攻略法について書いていきたいと思います。

人は人、自分は自分

草食系男子は過剰なコミュニケーションを嫌います。

比較的ドライな関係を望むようです。

おそらく、

・期待をかけられるのが苦手

であり、その代わり

・人に期待もかけない

という感じで、自分は自分、人は人、という割り切った感覚があるようですね。

いまは会社の飲み会などを敬遠する若者も増えているようですから、

過剰な付き合いを求めない傾向があります。

なぜこうなってしまうのかというと、

コミュニケーションが豊かな環境で育たなかったからですね。

とくに年が離れた人とたくさん話す機会がなかったために、

そういった年の離れた人とうまく会話をつなぐことができないのです。

それが苦手意識となり、付き合いを深くできないのです。

ただ、かといって上司などを嫌っているのかというとそういうわけでもありません。

むしろ「粗相をしたくない」「会話が盛り上がらなかったら申し訳ない」

というような迷惑をかけたくない意識が先行し、行動ができないというパターンです。

自分の時間を大切にする

そして、自分の時間をとても重視しますよね。

1人でテレビゲームをしたり、漫画を読んだり、

買い物や映画鑑賞なども1人で行くらしいです。

自分のペースで行動し、自分の楽しみを大事にしますね。

彼女はいらないのか

かといって、草食系男子も「彼女はいらない」というわけではないですよ。

彼女がいれば、それはそれで楽しいわけです。

ただ、自分の時間も大事ですから、彼女一辺倒になるようなことはありません。

あなたがそこで「もっと私を大切にしてよ」というようなことを言い出すと、

草食系男子は面倒くさく感じてしまいます(笑)

女の子に興味がないという風にもみえるようですが、そんなこともありません。

ただ、女の子に対して、どうアプローチすれば良いのか、

どうすれば女の子(あなた)が喜ぶのかはあまり理解していません。

女の子ともっと近づきたいとは思うのですが、

上司との付き合いと同じで、失敗をしたくない、恥をかきたくない

という思いが強いために、十分な関係を築くことを怖がってしまうようです。

気の弱さが積極性のなさにつながっているのだろうと思われます。

では、どう付き合っていけば良いか

草食系男子とうまく付き合っていくには、

やはり彼らの時間、彼らのタイミングを大事にしてあげることです。

無遠慮に土足で入っていくような関係をあまり好みません。

ですから、復縁の際にも、相手のペースを大切にしてあげて、

ちょっとずつコミュニケーションをしていくことが大事になります。

そして相手に自信をもってもらえるような態度が大事です。

相手をうまく立ててあげるようなメールですね。

「普段から頑張っていたからだね」

「〜してくれたとき、凄く助かったよ」

というような会話が望ましいです。

そうすると彼の方でも“あなたを引っ張っていく自信”のようなものが

芽生えだしますから、もしかしたらあなたともうまくいくかもしれない、

とポジティブな考えも浮かんでくるでしょう。

草食系男子も「引っ張っていきたい!」とまでの勢いはないのですが、

やっぱり「立ててほしい」という思いはあります。

草食系だからといって、女性側が必ずしも引っ張っていかなくて良いんです。

後ろから支えてあげるような態度、気持ちも大切になってきますね。

復縁したい

復縁せずにはいられない!
無料メール講座に参加しませんか?


こんにちは! 復縁アドバイザーのやまとです。

このページにたどり着かれたあなたは、さんざんたくさんの復縁サイトを見て「なるほど!」と思ったり「これは違うな」と思ったり、いろいろ考えながらも、非常に復縁について悩まれていることかと思います。アドバイザーによって、言うことがバラバラで、何を信じていいやら分かりませんよね^^;そんな中、私のこのサイトは、多くの方から「リアルすぎるアドバイス」「本当に実戦で使えた」「当たり障りのないことではなく、具体的」といった声をいただき、実際に毎月毎月、結構な人数の方が復縁に成功されています(まあ、私の力は関係ないやろっていう感じで本人の人間力で復縁される方も多いですが^^;)実際、読んでいただいたとおり、私の記事はありがちな「当たり障りない内容」とはかなりかけ離れた、ガチな内容になっていることを感じていただいているかと思います。

とくに、復縁効果が高いのが、私の無料メールマガジンです。

このサイトだと、雑多な情報が入り組んでいますが、メールの場合、1日1通のアドバイスで、順にステップアップして学びながら、復縁に着実に1歩ずつ近づいていくことができ、実際に学んでいる実感も高いです。

中でも、

  • 「復縁したいけど、どうしたらいいのか分からない」
  • 「別れてもう半年近くになる。復縁なんてできそうにない」
  • 「別れ方が悪くて険悪なムード。完全に嫌われてしまった、どうしよう」

 

という感じで悩まれている方にとって、最適のアドバイスをお送りできる内容となっております。

講座内容は一例として、

  • 復縁しやすい人、復縁できる人の特徴とは
  • 多くの人が誤解している、復縁が成功しない理由
  • 「復縁できる自分」に切り替えるために
  • 自分を変えるためのワーク
  • 自分を変えるために最も大切なこととは
  • 思っていることを素直に表現するには
  • 復縁メールにおけるNGとは
  • 復縁できるメールの具体的な書き方
  • 復縁メールを送る前の注意点

といった内容となっております。

そしていまならなんと! 無料レポートとして「復縁計画・作成シート」を参加特典として特別にプレゼントしています。

復縁を目指す時、最初につまづくのが「まず、どうしたらいいの?」ということかと思います。そういった方が今後の手順についてを目で見て理解できるようになっているシートです。

そんな感じで手厚いサポートからスタートし、自分の間違いに気づき、具体的に相手にどうやってアプローチしていくのか、についてまでアドバイスしていく内容となっております。

なんで無料なの? というところがあるかと思いますが、このメルマガはすでに数百人が読まれており、メールを500人に送るのも1000人に送るのも同じことなので、無料で問題ないんです^^

それに、復縁に1人で取り組んでいたら不安ではないですか? 私は失恋した時、めちゃくちゃ不安な思いをしましたんで、その気持ちがすごくよくわかります。ですから、不安な気持ちの解消だけでも、少しでも協力したいという気持ちもあります^^

問い合わせや復縁相談も無料でガンガン受けつけていますので、どうぞ気軽に参加してください。

ぜひぜひマンツーマンレッスンを受講して、復縁を実現しませんか?

いち早くラブラブ生活を取り戻しましょう!

復縁のためのレポート案内

 

いますぐ登録して復縁に取り組む

は必須項目です

  • メールアドレス
  • お名前

 






 

 

  • お預かりしたメールアドレスは管理会社の下でのみ管理され、外部に流出することはございませんのでご安心ください。

 


<アンケートのお願い>

※この記事が参考になったという方はアンケートにご協力お願い致します。(今後の参考になります)
A:とても参考になった
B:まあまあ参考になった

あなたにおすすめの記事




スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク